賃貸ゴキブリ対策

 

お仕事に、学校にと忙しい毎日を過ごしておられる方にとって、唯一安らげる場所となるのが生活の拠点ともなっている自分の部屋ですよね。

借りるにしろ、マイホームを購入するしろ、人々が物件探しに必死になるのは、少しでも好条件の「安らぎの場所」を得るためであると言っても、過言ではないでしょう。

しかしそんな落ち着く我が家を、一瞬の内に恐怖のどん底に叩き落すのが「G」、つまりはゴキブリという害虫の出現です。

「1匹いれば、100匹は隠れている」、「死ぬ間際に卵を産み残す」、「人間の大きさにすると移動速度は時速100キロ以上」など、その生態全てが嫌悪の対象となるゴキブリは正に「脅威」という他はない存在でしょう。

過去記事「不動産の害虫駆除方法をご紹介致します!」では、様々な害虫の駆除方法をご紹介致しましたが、このGについては「更に詳しい駆除方法を解説して欲しい」等のご意見も多く頂きましたので、今回は私が過去に経験したゴキブリ駆除の体験談をお話してみようと思います。

では早速、賃貸ゴキブリ対策の顛末記を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

恐怖のゴキブリ部屋

今回の事件の舞台となるのは、私が賃貸の営業をしている際に、あるオーナー様からお預かりした管理物件の一室でのことでした。

物件のスペックは木造2階建て、築年は10年弱とまあまあ新しい物件であり、1DKが6部屋という小ぶりな建物となります。

なお管理を預かった際には満室だったのですが、その1階の1部屋が退去を迎えることとなりました。

この物件では初めての退去立会いということで、少々気合を入れて立会いに臨んだのですが、お部屋はそれ程汚れておらず、トラブルもなく退去は終了。

敷金精算の打ち合わせをする中、退去する入居者に「住んでで問題はあいませんでしたか?」と水を向けてみたところ、「この部屋、とても虫が多いんです」とのお返事が返って来ます。

入居者のお話によると、ゴキブリと思われる小さな虫が時折姿を現し、今回の退去もそれが原因であるとのこと。

『場合によっては、害虫駆除工事も視野に入れなくては・・・』、そんなことを考えながら立会いは完了します。

後日、建築業者とリフォームの打ち合わせをするべく、空室となった部屋を再び訪ねてみますが、床にはまるで小豆をばら撒いた様に無数の「何か」が転がっていました。

リフォーム業者とその正体をじっくり観察してみましたが、その正体は1cm程の小さなGの死骸。

それも、普段私たちの家に出没するタイプとは明らかに異なる種類でした。

そして「これはマズイ!」と感じた私は、その状況をオーナーさんにお伝えした上で、フォーム工事に害虫駆除を組み込むことにします。

やがて工事は完了し、出来栄えの確認に再度部屋に足を向けますが、そこには既に数匹のGが転がっていたのです。

慌てて工事会社に再度駆除を依頼し、今回は隅々まで念入りに薬剤を散布させますが、数日後には再びGが出現してしまいます。

「一体どうして?」と駆除業者に詰め寄ってみますが、「今回のGは一般家庭ではあまり例を見ない種類であり、生命力・繁殖力共に非常に強く、床下などに巣を作る性質がある」とのこと。

本格的に駆除するとなれば、床板や天井を壊した上、他の部屋にも駆除処理をしなければ根絶は難しいとのことでした。

当然、他のお部屋にも入居者がおりますから、そんな大規模な駆除作業が出来るはずもありません。

仕方なく、毒餌タイプの駆除剤などを仕掛けたところ、時間の経過と共に徐々に数が減って行き、「あと一歩で根絶では?」というところまで漕ぎ着けます。

そんな折り、お部屋に申し込みが入り、この部屋に新たな入居者が入ることとなりました。

しかし入居以来、「虫が出る」とのクレームが絶えることなく、あっと言う間に退去となってしまったのです。

スポンサーリンク

 

徹底抗戦!

退去に際しては、かなり文句を言われることとなりましたが、オーナー様の計らいで「敷金を全額返金」との提案が功を奏し、揉め事に発展することはありませんでした。

但し、こうした状況となった以上、Gを完全に根絶するまでは新たな募集を行うことは出来ませんので、この日から私とGの戦いの日々が始まることとなります。

そこでまずは「原因を突き止めよう」とのことでオーナーさんからお部屋の経歴を聞き出すことにしますが、どうやら事の発端は私が最初に立会いをした入居者の更に先代の入居者にある模様。

この人間、飲食店を経営していたようなのですが、お店の経営が悪化して賃料滞納を繰り返した揚句、部屋をゴミ屋敷化させたことで退去になったというのです。

部屋に出るGの種類は飲食店に多いタイプということなので、原因はこの入居者に間違いはないでしょう。

そして、Gが巣食っているのは壁や天井、床下の可能性が高いということで、天井や床に点検口を作り、3日に一度のペースでバルサンを焚きまくります。

しかし、それでもGが減る様子はないため、今度は部屋の隙間という隙間にコーキングを打ち込み、出入り口の封鎖に取り掛かることにしました。

また、これと同時に部屋中10数か所にGホイホイを設置し、奴らがどこから湧いて出ているのかを確かめることにします。

隙間埋めにより、かなり出現数を減らすことには成功しますが、まだ根絶には程遠い状態です。

但し、仕掛けたホイホイにより、玄関周辺に集中して彼らが出没していることが判明。

再びリフォーム業者と共同で、出来り口になっている箇所を特定しようと頑張りますが、もはや隙間は全て埋められており、「ここぞ」という場所は無いように思えます。

何か良い手段はないものかと様々な薬剤も試して行きますが、最も効果があったのは「Gを2週間寄せ付けない」と謳う『ゴキブリが居なくなるスプレー』であり、これを定期的に巻き続けることで、週に1、2匹程度しか姿を見ない状態にまで状況を改善することに成功しました。

スポンサーリンク

 

調伏そしてまとめ!

その後も定期的にスプレーの散布を繰り返し、「もはや対策もこれが限界か・・・」考えていた時、私は遂に決定的な瞬間を目撃します。

それは玄関の上り框(かまち)、コンクリートの叩きの立ち上がり部分と床材の隙間から、一匹のGがひょっこり顔を出したのに気付いたのです。

即座に持っていたスプレーで退治しますが、奴が出てきた箇所を良く見てみると僅か数ミリではありますが、私たちが見落としていた隙間を発見します。

「遂に見つけた!」、そう確信した私はすぐさまコーキングで隙間を塞ぎ、後日数回見回りを行ってみます。

  • 1回目・・・Gおらず
  • 2回目・・・欠片もおらず
  • 3回目・・・何にもいない

その後も、1ヶ月以上観察を行いましたが、どうやら完璧に封印に成功した模様です。

こうして私のGとの戦いは、人間の勝利で幕を閉じました。

「出入り口を封じられたGが他の部屋に移動するのでは」という心配もありましたが、今のところ問題は無い様子です。

さて、ここまでが私の賃貸ゴキブリ対策の顛末記となります。

しつこいGに悩まされておられる方も多いと思いますので、私の体験記を駆除にお役立て頂ければ幸いです。

ではこれにて、賃貸ゴキブリ対策の顛末記を締め括らせて頂きたいと思います。