事業用物件売買仲介

 

人には誰でも「得手」、「不得手」というものが存在するものです。

また、本来は「そうあるべきではない」のでしょうが、例え仕事であっても得意・不得意はあるものでしょう。

そして私の様に不動産業界に身を置く者でもこれは同様であり、「賃貸は慣れているが売買の経験は少ない」という者や、その反対の方も多いでしょうし、「仲介は得意だけで建売なんぞやったこともない」という方も多いはずです。

もちろん私自身にも経験の少ない取引パターンは意外に多く、今回ご紹介するケースはその中でもかなりレアな「事業用物件」、それもターゲットが「工場」という案件のお話となります。

もちろん不動産屋さんの中には事業用物件専門、工場が得意なんて方も稀におられるでしょうから、そんな方には笑い話になってしまうかもしれませんが、私が初めて体験した工場物件の仲介記をご紹介させて頂きます。

では早速、事業用物件売買仲介の模様をレポート致します!(客付け編)を見て行きましょう。

スポンサーリンク

 

工場を買いたいお客様

現在の会社に入社してから6年目、既に売買部門の営業マンとして50件以上の仲介を経験していた時期に、この案件が転がり込んで来ました。

平日の昼間、何時ものように週末にご案内予定の物件資料を整理をしていると、作業服に身を包んだナイスミドルが店頭に現れます。

「どこかの工務店の社長かな?」などと考えながら応対してみると、このお方、地元では少々名の通った製造業者の専務さんであられるとのこと。

そして用向きは、新たな工場を確保するために中古物件を探して欲しいというのです。

そこで恐る恐るご予算をお聞きしてみれば、購入額の上限は何と「3億円」とのこと。

思わずニヤリとしてしまいそうな気持をグッと堪えて、ご希望の条件などを聞き出して行きます。

そんな専務さんの条件をまとめてみると、下記のような内容となりました。

  • 購入価格は3億円以下
  • 土地は200坪以上が希望
  • 大型トラックが出来りするため、前面道路は幅員10m以上
  • 作業にはかなりの音が伴うので、近隣に民家が少ないこと
  • 作業の内容で都市計画上の制限があるので、準工業地域以上の用途地域であること
  • 建物はなるべく築浅で、木造は不可
  • 物件の正面には搬入用のシャッターが付いていること

これまで居住用の物件しか仲介したことの無い私にとっては、どれも始めて提示された条件であり、メモを取りながら、少々ビビっていたのを憶えています。

とりあえずはその場で、レインズ・アットホームの物件を検索しますが、条件に見合うものは見当たらず、止む無く「見付かり次第連絡します」ということにしました。

しかし相手は予算3億の上客ですし、他の不動産屋さんに探させている可能性も「大」なので、ここはのびりしていることも出来ません。

この日以来、目を皿のようにして物件情報を確認するようにしていましたし、知り合いの不動産業者にも声を掛けまくり、とにかく情報を集めます。

そんな努力の甲斐もあり、専務さんの来店から3日後には、3つのご案内候補物件を獲得することに成功しました。

善は急げと、早速先方に電話をしてみると「会社に資料を持って来てくれ」とのことであり、早速営業車のアクセルを踏み込みます。

何度もその企業様の前を通過したことはありましたが、中に入るの初めてであり、ドキドキしながら敷地内に入って行きますが、多くの社員たちが業務に汗を流す姿を目の当たりにして、ますます緊張感が高まって行きました。

受付で要件を申し出ると、事務の方の案内付きで専務のお部屋に通され、高そうな椅子に腰かけた先日のナイスミドルが、私を出迎えてくれます。

『前回はそれ程気付かなかったけど、オーラ凄いな』などと考えながら、物件資料を手渡しますが、その後は一気に質問攻めを受けることになりました。

「この物件は天井高どれくらい?」、「シャッターの幅は?8t車で乗り入れ出来るかな?」等々、想定もしていない質問の嵐に撃沈してしまいます。

「そこまで調べていませんでした、すみません」と詫び、その足で現地を確認しに行くハメになってしまいました。

『やはり事業用物件はかなり勝手が違うし、こんな素人臭いことしてたらお客に逃げられてしまうのでは?』と不安になりながらも、何とか質問事項全てに回答し、先方のお返事を待つことにします。

そして数日後、「先日紹介してもらった物件の一つを内覧したい」との知らせが届くのでした。

スポンサーリンク

 

内覧、そして契約へ

ようやくご案内の約束を取り付けることが出来ましたで、「内覧には車でお迎えに上がります」と提案しますが、この申し出はやんわり断られ、現地で集合するというスケジュールに決まります。

そして約束の日を迎え、遅刻しないように現地に向かいますが、そこには既に乗用車が数台停車していました。

「これは一体?」と思いながら声を掛けてみると、車から同じ作業服を着た方がぞろそろと登場。

どうやら、内覧にあたり各部署の責任者を連れて来られたご様子です。

人数の多さに圧倒されながらも、物件内部を見て回りますが、社員たちからは次々に物件に関する質問が飛び出します。

「あの床は防塵塗装になってるの?」、「あそこのクレーンは何キロまで対応してる?」等々、これまた想定外の質問ばかり。

ダラダラと冷や汗をかきながら、元付けの業者に何度も連絡を入れて対応してみますが、そのテンパり具合は私の歴史上「MAX」であったように思います。

そんな苦痛の時間を散々味わった後、内覧は終了。

最後に専務から「他にも候補の物件があるから、次の役員会で結論を出すよ」とのお話を頂き、解散となります。

「他の候補あるんかい!」と帰りの車内で散々毒づきましたが、その夜のビールの味は格別でした。

そして遂に迎えた役員会の翌日、私の携帯電話に連絡が入り、「是非契約したい」とのお返事を頂きます。

今回の取引は、お客を連れて行くだけの「客付け」の立場でしたし、物件購入の資金も買主の会社さんが直接銀行と交渉するとのことで、殆どやることはありません。

元付けから上がって来た契約書の案も、お客さんの会社の総務が全てチェックしてくれますから、私はただの伝書鳩といった雰囲気でした。

そうこうしている内に、契約は完了。

決済後も特にトラブルもなく、私の初めての事業用物件仲介は大成功の内に幕を閉じるのでした。

スポンサーリンク

 

事業用物件仲介まとめ

さてさて、ここまでが私が初めて仲介した事業用物件の体験記となります。

「慣れない仕事に右往左往している内に、いつの間にか仕事が終わっていた」、これが正直な今回の取引の印象です。

その後、事業用物件の仲介を専門にしている不動産業者さんと知りあう機会がありましたが、私のようにスムーズに成約するケースは非常に稀であるらしく、運にも恵まれていた模様。

それにしても、同じ不動産の仲介なのにここまで勝手が違うのには、本当に驚かされました。

なお、次に機会があれば事業用物件の元付けバージョンの体験記を書いてみようと思っているのですが、こちらの案件では打って変わって相当な苦労を背負い込むことになります。

どうやら楽に儲かった分は、必ず別の機会に利子付きで返ってくるのが、私の定めであるようです。

ではこれにて、「事業用物件売買仲介の模様をレポート致します!(客付け編)」を締め括らせて頂きたいと思います。