不動産の立ち退き交渉

 

前回の記事に引き続き、本日も賃貸物件の立退きに関する体験記をお届けしたいと思います。

建売用地の仕入れに端を発し、人生初の立ち退き業務を行うことになった管理人。(詳細については前回の記事「アパート立ち退き交渉の現場をレポート!(合意退去・前編)」をご参照下さい)

意気揚々と入居者との交渉に着手するものの、「門前払い」を喰らってしまったことから、朝夕の共用部分掃除を行うことで、住人との良好なリレーションを構築する作戦をスタートします。

そして狙いは見事に的中し、2世帯残る入居者の内、1世帯の立退きを何とか成功させることが出来ました。

残るは、60代後半で一人暮らしをしているおじさんのみとなります。

なお、物件購入のために銀行から借り入れた資金の返済期限は、残り1年と3ヶ月となりますが、建売の建築工事・販売を考えれば、立ち退きに使える時間は残り3ヶ月しか残されていません。

「果たして立ち退きは間に合うのか?」、プロジェクトはいよいよ終盤へと入って行きます。

では、不動産立ち退き交渉のレポートを始めましょう。

スポンサーリンク

 

難航する説得

朝と晩に物件の共用部分の掃除を行いながら入居者と顔見知りになり、人間関係を構築する作戦で一世帯の立退きに見事成功した管理人。

実はこれまでの期間に、残るもう一世帯のおじさんとも既に顔見知りの仲になっていました。

私は釣りが大好きなのですが、このおじさんも釣り好きな様子なので、時折これをネタにした会話で盛り上がっていたのです。

なお時折、「本当は立ち退きなんかやりたくないのですが、社長が厳しくて・・・」と同情を買うようなトークを織り交ぜてはいたのですが、この話題になるとおじさんは急に口を噤んでしまう状態が続いていました。

そして何の進展もなく更に1ヶ月が過ぎたあたりで、思い切っておじさんを飲みに誘ってみることにします。

おじさんもお酒は好きな様子で、「おごり」という言葉を聞くや、即座に居酒屋に向かうことになりました。

しばらく差しさわりの無いお話をした後、本題を切り出しますが、そこからおじさんの長い身の上話が始まります。

身の上話の内容を要約すれば、現在おじさんは高齢者用の人材派遣サービスに登録して、その収入で暮らして立てているとのこと。

またその生活は困窮を極めており、以前サラリーマンをしていた時代に築いた貯金は既に底を付いていると言います。

実はこのおじさん、旧オーナーさんからすると恩人という立場にあり、お部屋の賃料も相場の半額程度となっているのですが、お聞きした経済状態ではこの半額の賃料さえ、捻出するのは至難の技であるはずです。

そこで「よく賃料払えますね・・・、生活保護とかは受けないのですか?」と率直な気持ちをぶつけてみます。

おじさん「家賃はどんなに苦しくても払わないといけないでしょう。これまで水道も電気も一度も滞納したことがないのだけが自慢なんだよ」

偉い!おじさん偉すぎる。

そして更におじさんは「仲間からも生活保護を受けた方がいいと言われるけど、いくら歳をとっても国のお世話になるなんて情けないのは嫌なんだよ」と続けます。

『支給された保護費をパチンコなどに浪費する不貞の輩が多い中、ボロアパートに住みながらも、こうした高潔な魂を持った人間がいる』、そんな彼のお話に、私の心は強く揺り動かされました。

また、「そんな高潔な精神を持つおじさんだからこそ、生活保護を受けて安定した生活を手に入れるべきだ!」という想いも込み上げて来ましたので、必死の説得を試みますが、信念を曲げるつもりはないようです。

そこで仕方なく、この日は一端説得を諦め、また後日飲みに行く約束をします。

しかし今のままでは、おじさんはいずれ必ず賃料を滞納し、強制的に退去させられることになるでしょうし、例え立ち退き料を貰って引っ越しても、新居の賃料は2倍近くに跳ね上がることになりますから、結局おじさんに未来はありません。

やはり生活保護を受け、新たな住まいに移り住むのが、彼にとって何より幸せな選択であるはずです。

そんな考えの下、その後も何度かおじさんを飲みに連れ出し、ようやく「立退きに応じる、保護の申請をしてみる」とのお言葉を頂きます。

スポンサーリンク

 

幸せな生活のために

もちろん、おじさんが立退きに応じてくれるのは仕事的にも「大変にありがたいこと」なのですが、この時の私は、「どうにかおじさんの力になりたい」という一心で行動していました。

しかしながらこのおじさん、役所の手続きを一人で行うのはちょっと無理そうなタイプのお方。

そこで物件探しと並行しながら、生活保護の申請にも私が同行することにしました。

まずは一度役所に行き、必要書類を確認した上で、揃えた書類を持って再び担当部署に向かいます。

役所の担当職員からは「貯金残高を教えて欲しい」という要望や、「資産として扱えそうな物を持っていないか?」、「親族にお金を貸してくれそうな人は居ないか?」等の様々な質問責めを受けながらも、打ち合わせは終了。

今後については、受理した申請書を基に、本人からの申告内容に嘘がないか身辺調査を行い、問題がなければ保護費の受給という流れになるようです。

また、「申請した中身に嘘がなければ、まず間違いなく保護費はもらえる」とのお墨付きも頂けましたので胸を撫で下ろしていたのですが、驚愕させられたのは提示された支給額についてでした。

具体的な金額の記載は避けますが、予定されている支給額は「想像よりかなり低い額」だったのです。

「一体どうして?」と役所の担当者に尋ねてみると、おじさんは派遣業とは言え『収入があるから』というのがその理由でした。

そして担当者は「仕事辞めちゃえば、もっと貰えるのに・・・」なんてことまで言い出します。

しかしおじさんは「俺は働ける内は働く!」の一点張り。

そんなやり取りを聞いている内に、私の心の中には沸々と怒りが込み上げて来てしまい、ついつい「頑張って働いている人間の支給額が少なく、働かずにパチンコやっているヤツが大金をもらうのはおかしい!」と怒鳴ってしまいました。

ただ、役所の担当者に文句を言っても仕方がありませんし、こちらは支給をお願いしている立場ですから、程々のところで非礼を詫び、審査の継続をお願いします。

そして数週間後、おじさんの生活保護申請は無事に承認され、通常の家賃の物件を借りても、どうにか生活出来るだけの生活保護費を受け取ることが出来ました。

スポンサーリンク

 

立ち退き完了!そしてまとめ

その後は、いくつかの物件をご案内し、おじさんの新居を見事に確保。

やがて住んでいたアパートは解体され、3棟の建売へと姿を変えました。

なお、おじさんの新居は何故か私の自宅の直ぐ側に決まり、今でも時折お酒を飲みに行っています。

それにしても、今回の立ち退きは様々なことを考えさせられる仕事でした。

物事を進めるには、人との繋がりが何よりも大切だということ。

そして、本当に困っている人たちが報われない社会の構造が、未だに我が国には存在しているという事実。

町場の不動産屋である私に出来ることなど限られてはいるでしょうが、少しでも世の中を変えて行けるように努力を続けて行きたいと思います。

ではこれにて、不動産立ち退き交渉に関するレポートを閉めさせて頂きます。