現地販売会開催

 

管理人が初めて現地販売会を経験したのは、現在の会社にて売買部門に配属となり、初めての仲介取引を終えた直後のことでした。

初の売買契約は、まだ右も左も判らないド素人状態であったにも係らず、ラッキーパンチ的に契約を取ることが出来たのですが、その後1ヶ月間は一切成約がなし。

当然のことながら、これでは給料が増える訳もありませんし、社長の視線が胸に突き刺さるような錯覚に襲われ始めます。

このままでは影で「給料泥棒」と言われてしまう!

そんな危機感を持ち始めた私は、先輩社員たちが行っている現地販売会なるものを、自分でも開催する決意をします。

但し、物件がなくては販売会も出来る訳ではありませんので、まずは知り合いの建売屋さんをしらみ潰しに当たって行くことにしました。

早速、「売出しさせてくれる現場ありませんか?」と尋ねて回りますが、その反応は今ひとつ。

実は建売屋さんが現地販売会を許可する業者のには一定の序列があり、まずは「建売用地を買わせてくれた仲介業者」、そして次が「親しいお付き合いのある業者」、それでも買い手が付かない物件については「知らない業者」に任せてみるといった感じです。

私としては、声を掛けた業者さんと「親しいお付き合いある」つもりでいたのですが、一度取引きしたくらいでは、未だ「知らない業者」扱いなのでしょう。

そうとなれば「一度でも名刺交換をしたことがある」程度の業者さんにまで枠を広げて、売れ残り物件を漁るしかありません。

但し、こうした物件は既に販売会をやり尽くされているため、成約するのは非常に困難ですし、例え広告を打っても「来場者なし」なんてことも覚悟しなければなりませんが、事務所で暇しているよりはマシなはずです。

そして手当り次第電話を掛け続けていたところ、遂に5棟現場の最後の売れ残りで、間もなく完成後1年を迎えようという物件にて、販売会の許可を頂くことが出来ました。

早速、下見にも行ってみたのですが、16坪程の土地に建てられた3階建ての物件は、建物自体に問題はないものの、とにかく日当たりの悪さが弱点となっている様です。

これでようやく現地販売会の準備に取り掛かることが出来ます。

スポンサーリンク

 

販売会の準備

「現地販売会に準備なんてあるの?」というお声も聞こえて来そうですが、実は意外にやることはあるものです。

実はこれまでにも何度か、先輩の現地販売会のお手伝いをさせられた経験がありましたので、過去の記憶を頼りに早速準備を始めます。

まずは、売出し現場に少しでも人を呼び込むためにチラシ(広告)作りをしなければなりません。

そこで自らのアートセンスをフルに活かしてチラシを作成してみたのですが、完成品を見た先輩から、「このチラシ、違反だよ」との冷静なツッコミを受けてしまいます。

この頃の私は全く知らなかったのですが、実は不動産の広告には様々な制約が存在しており、

土地の面積や建物の床面積、セットバック部分の大きさに、用途地域など、「必ず記載しなけらばならない事項」に加え、『スーパー目の前』『爆安』など「根拠のない売り文句はNG」等、かなり細かいルールがあるのです。

非常に納得出来ない気持ちではありましたが、止む無く完成したチラシは破棄することにして、事務所にあった広告マニュアルを頼りにチラシを作り直し、ここから印刷に入ります。

不動産会社によっては、外注の広告業者に印刷から配布まで任せるところもあるようですが、我が社の場合は事務所に印刷機があるため、自分でチラシを擦ることが可能。

この時は5000枚のチラシを新聞折り込みに入れるつもりでしたので、夜を徹して印刷を続けます。

これが完了したら、配布業者に連絡を入れて、チラシの集荷と配布を依頼するのです。

そして次の作業は、新聞折り込み用とは別に擦っておいたチラシを、物件周辺のアパートや賃貸マンションへ直接ポスティングする作業となります。

アパート等の賃貸物件の住人は新聞を取っていない方も多いですし、これから売買のお客となってくれる可能性が高いですから、この作業はなかなかの効果が期待出来るはずです。

但し、このポスティング作業はなかなかに大変。

1000枚のチラシを撒くだけでも何時間も掛かりますし、投函禁止と警告のあるマンションなどでは管理人に咎められ、最悪の場合には不法侵入の罪に問われる可能性もありますから、この点は注意が必要です。

そしてどうにかポスティングのノルマを終え、この日はこれで終了。

また翌日は、売出し物件周辺で販売されている競合物件をチェックし上、これらの物件に対するご案内の手順も確認しておきます。

これは、販売会に来場されたお客様が対象物件を気に入らず、「他の物件が見たい」と言い出した時に、スムーズにご紹介とご案内が出来るようにするための準備です。

更に、来場者に連絡先などを書いてもらうための「お客様カード」に、銀行融資のシュミレーションを現地で行うための「ローンチェックシート」、そしてペンや計算機、ガムテープなど「売出しに持ち込む備品」を全て揃えて、前日の用意は終了となります。

スポンサーリンク

 

現地販売開始

そしていよいよ、販売会当日の朝を迎えます。

販売会は土曜・日曜の二日間、朝10時から夕方18時までの予定です。

また、この日は7月もそろそろ終わりの時期でしたので、気温は30℃を軽く超える予報となっていましたから、なかなかハードな売出しとなることが予想されます。

9時前には会社に行き、営業車に機材を積み込みんだら、現地に向かって出発。

現場に着いたら、まずはチラシを見て物件に向かう来場者のために、矢印の掛かれた看板を電柱などに貼って行くのですが、これは十数年前のお話で、今ではこうした行為には厳しい罰則が科せられますのでご注意下さい。

実は当時も合法的という訳ではなかった様なのですが、貼っている現場を警察官に見られない限りは「お咎めなし」というのが通常でした。

因みに看板が禁止された後は、「道路にカラーコーンを置いて誘導する」などの手段も用いられましたが、これも今では取締りの対象。

現在では、物件に向かう途中のお宅にお礼を支払って、壁などに看板を貼らせてもらっています。

さて、こうして誘導看板の設置を終えたなら、次はいよいよ物件のセッティングです。

閉じられた雨戸を全て空け、玄関前の空きスペースにキャンプ用の折りたたみテーブルを設置。

次は会社の備品である販売会用の旗を組み立てて行きます。

「売出し中」「現地販売会開催中」などと書かれた旗数本が組立終わったら、テーブルやブロック塀などに固定して準備は完了です。

最後に電卓に来場者カードなどをテーブルに並べて、後はお客様の来場を待つだけです。

スポンサーリンク

 

現地販売会まとめ

ようやく現地販売会の準備が整ったところで、今回の記事は一端終了です。

この続きは次回の記事「現地販売会の集客、そして販売会終了へ(売出し体験記・後編)」にて、レポートさせて頂きたいと思います。

しかし、売出し現場にお客さんを誘導する看板一つをとっても、この十年で社会に様々な変化があったことを痛感させられますよね。

また、住宅ローンの試算にしても、現在は各銀行さんがネット上で用意しているローンシュミレーターが非常に優秀ですから、わざわざ販売会にてローンの計算をすることも減りつつあるのが現実です。

但し、現地販売会というイベントだけは昔と変わらず健在というのも面白いですよね。

では、また次回の記事にてお会いしましょう。