新築・中古どっちが得

 

これからマイホームを購入しようとお考えの方にとって、非常に気になる問題が「新築と中古の物件はどっちが得か?」ということであるかと思います。

「新築は価格が高いものの、非常に綺麗で気持ちが良い!」、これに対して中古物件は「少々古いが価格は安い」というそれぞれのメリットデメリットが存在。

これは正に「究極の選択」とも呼べる問題ですが、本日は敢えてここに踏み込んでみようと思います。

なお今回は、「マンションの新築VS中古」「戸建ての新築VS中古」という形式で、物件の種類別にメリットとデメリットをご説明させて頂くつもりです。

では、新築・中古どっちが得か?の知恵袋を開いてみましょう!

スポンサーリンク

 

戸建ての新築VS中古

「家を買うならやっぱり戸建!」という方も少なくないかと思いますので、戸建ての新築・中古比較からお話を始めましょう。

 

価格の問題

「新築は高い、中高は安い」というイメージをお持ちかと思いますが、これは確かに間違いがないこと。

但し新築物件が高額であるとは言っても、建売屋さん(戸建て分譲を専門とする不動産業者)が過去の取引事例などを参考に値付けをしていますから、周辺の取引相場を逸脱するような高額物件は殆ど存在しません。

これに対して中古物件には、売主が「いくらで売りたい」、「ローンを返すのにいくら必要」といった個人的な事情から、相場より高い値段が設定されている可能性があるのです。

中古住宅を購入する場合には目先の安さに釣られず、適切な価格での購入出来るよう相場観を磨きましょう。

 

リフォーム費用

そして新築と中古を分ける最大の違いが、住むのにリフォーム費用が必要か否かという問題です。

戸建ての場合は廊下や階段といった箇所があるため床面積も広く、クロスの張り替えに、フローリングの張り替えなどを加えるとかなりの費用が発生してしまいますから、中古物件の購入にあたっては、「どれくらいのリフォーム費用が掛かるか」が非常に重要なポイントとなるでしょう。

また、特に注意するべき費用が「ユニットバスの交換」と「システムキッチンの入替え」です。

もしこれらを一気に行う場合は、床面積100㎡のお宅で300万円~400万円(使用する部材のクラスにもよります)の出費を覚悟する必要があるでしょう。

なお、工事期間も一カ月くらいは必要かと思われますので、買い替えなどの場合は大いに注意が必要となります。

これに対して新築物件では、こうした出費は一切考える必要がないのが魅力と言えるでしょう。

ただし、中古物件でも不動産業者が売主の場合(中古再販売物件)はリフォーム済となっている場合が多いですから、これの点での心配はあまり無いかもしれません。

 

瑕疵担保の問題

なお、新築戸建と中古戸建を比較した際に最も憂慮するべきなのが、この瑕疵担保の問題となるでしょう。

折角高いお金を払って購入した自宅が、雨漏りだらけでは泣くに泣けませんよね。

もちろん売買契約書の中には、こうした物件の傷(瑕疵)を売主に保証させるための「瑕疵担保責任」という条項が記されています。

しかしながら、個人間取引の中古物件売買における瑕疵担保保証期間は6ヶ月程度が通常ですし、瑕疵が認められたとしても、相手に支払うお金が無ければ泣き寝入りするしかないのが現実です。

その点新築物件であれば、雨漏りなど重大な瑕疵については10年間売主が責任を負うルールとなっていますし、相手は不動産業者ですから、しっかりとした保証を受けることが出来る可能性も高い上、近年では建売業者の倒産に備えた瑕疵保険への加入が義務付けられているなど、安心感は抜群に高いものとなるでしょう。

因みに、中古物件であっても売主が不動産業者となっている場合には、引渡し後2年間は瑕疵担保責任を負うものとされていますから、中古を選択する場合にはこちらがおすすめとなります。

 

近隣住民の問題

物件をを購入する際に気になるのが、お隣や近隣に妙な方が居ないか?という問題です。

最近では「騒音おばさん」などのニュースも耳に致しますので、これはかなり憂慮すべき問題でしょう。

戸建ての場合、1棟、2棟の小さな分譲地ならば問題ないのですが、10棟、20棟という大型の分譲地ですと、隣近所にどんな人間が引っ越して来るかが全く予想出来ない状態となってしまいます。(隣接住宅が全て新規購入者であるため、事前調査が出来ない)

その点、中古であれば、近隣への聞き込みなどで周辺住民の情報を得ることが出来ますから、この点は有利と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

マンションの新築VS中古

ここまで、戸建てに関する新築と中古の比較を行って来ましたが、次に分譲マンションの新築と中古を比べてみましょう。

「戸建てとそんなに違いがあるの?」という声も聞こえて来そうですが、実はかなりの違いがあります。

 

①価格の問題

マンションも当然ながら、中古より新築が割高となります。

ただ戸建と異なるのは、築2年、3年などの築浅物件が数多く流通している点です。(マンションの販売個数は、戸建てとは比較にならない程多いため、物件が出やすい)

こうした築浅物件の価格は、新築物件に比べ200万~300万円(地域によっても異なります)も値段が下がっているケースが殆どであり、新築には「新築プレミアム価格」ともいうべき付加価値が付いているのをご理解頂けることと思います。

こうした超築浅物件ならリフォーム費用も最低限で済むはずですから、「新築」という言葉にこだわりが無いのであれば、この手の物件は非常にお得な出物であると言えるでしょう。

※戸建でもプレミア価格は付いているでしょうが、築浅物件が売りに出されること自体が非常に稀であるため、マンションのみに当てはまるケースとさせて頂きました。

なお、マンションは分譲当時の価格がネットなどで手軽に調べられるため、苦労して相場観を身に付けずとも割高の物件を見分けられる点も、中古マンション探しの特徴となっています。

 

②リフォーム費用

リフォーム費用についても、マンションは戸建てと比べ施工面積がかなり抑えられるため、築浅で綺麗に使用されていれば工事費用が大きな負担となることは少ないでしょう。

また、分譲マンションにおいては外壁やバルコニーなどが共用部分(管理組合が管理すべき部位)となっており、個人で修繕費用を負担せずに済みますので、この点も中古物件を買う際の大きな利点となります。

 

③瑕疵担保の問題

新築のマンションでは当然ながら、売主(デベロッパー)の手厚い瑕疵への保証を受けることが出来ますが、中古でもあまり瑕疵のリスクがないことが特徴的です。

②のリフォームの説明と重複しますが、雨漏りの原因となる外壁や、建物の基礎・躯体に係る部分は共用部分(管理組合が管轄する箇所)ですから、何か問題が生じても個人で費用負担を行ったり、問題解決にあたる必要はありません。

よって戸建より、「遥かに中古物件が買い易い」のがマンションの特徴となっています。

 

④近隣住民の問題

近隣問題に関しては、原則戸建と殆ど変らないご説明内容となります。

ただし、部屋の両隣り以外にも「上の階と下の階」に住人が住んでいますし、壁を一枚挟んだだけで「厄介な人」と接しなければならなくなります。

よって、戸建て以上に新築物件の場合はヤバイ人に遭遇する確率とリスクは高まるでしょう。

なお中古物件であれば、事前の聞き込み調査でヤバイ人の存在を察知出来ますが、新築の場合がこれが不可能ですから、ある程度のリスクは覚悟するしかありません。

 

⑤管理費・修繕費の問題

戸建には無かった問題点ですが、マンションにはこの点も注意が必要です。

新築マンションは確かに管理費等が割安ですが、数年で値上がりをしてしまうケースは良くあること。

こうしたリスクを考えれば、組合の運営が軌道に乗っている中古物件の方が、不要なストレス(これから値上がりするかもというストレス)を感じずに済むかもしれません。

なお、あまりに築年数の古いマンションは管理費、修繕費も割高な上、大規模修繕・建替えへの出資を迫られることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

新築と中古どちらを買うべきかのまとめ

以上が、戸建て・分譲マンションにおける新築・中古の比較となります。

結論から申せば、戸建てであれば「新築」が絶対におすすめ。

分譲マンションについては、築浅という条件付ではありますが、「中古」の方がお得であると言えそうです

この記事を、一生に一度の大きなお買いもの「マイホーム」の購入の際にお役立て頂ければ幸いに思います。

ではこれにて、新築・中古どっちが得か?について知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います!