歩道切り下げ

 

マイホームを購入しようとする際には、駅からの距離や周辺の住環境など、様々な点が気になるものですよね。

不動産は非常に高額な買い物であることは間違いありませんし、購入資金の多くを住宅ローンで捻出されている方にとっては、その後何十年もそこに住み続けることになる訳ですから、慎重になるのは当然でしょう。

これまで本ブログでは、マイホームの周辺環境に係る嫌悪施設に関する記事などをお届けして参りましたが、自宅の周りにはまだまだ注意するべき施設があるものです。

そこで本日は「歩道切り下げ、電柱の移動などについて解説致します!」と題して、道路上に設置されている時に厄介な施設の取り扱いについてお話させて抱きます。

スポンサーリンク

 

道路上には様々な施設が存在する!

冒頭にて「マイホームの周辺には時として厄介ごとを招く施設がある」とのご説明を致しましたが、『今一つピンッと来ない』という方も多いことと思いますので、まずは今回の記事でターゲットにする道路上の施設についてご説明致しましょう。

普段、何げなく歩いていると殆ど気にならないものですが、道路上には実に様々な施設が設置されているものです。

歩行者の安全を図るための歩道や安全柵に始まり、電柱や交通標識、下水のマンホールに、ゴミ捨て場など、その枚挙には暇がありません。

もちろん、これら一つ一つが私たちの生活に欠かせないものであることは間違いありませんが、購入したマイホームの目の前に電柱やゴミ捨て場があるのは気になるものですし、

注文住宅で自宅を建てるために土地を購入したのは良いが、「設計上どうしても街路樹の前に車庫を作る必要がある・・・」なんて場合には思わず頭を悩ませてしまいますよね。

また、こうした問題が発生し、移設などの相談をしようと思っても、「一体何処に連絡して良いものか」も判らないケースが殆どでしょう。

そこで次項では、施設ごとの相談窓口や発生し得る問題、その対処法などについてご説明して参ります。

 

各施設の移動や撤去について

では早速、道路上に存在する施設について解説をして行きましょう。

歩道の切り下げ等

幹線道路沿いなどを歩いている際に、非常に安心感を得ることが出来るのが、車道よりも一段高くなった歩道ですが、こうした歩道に面した物件を購入した際には、駐車場の出入りについて少々頭を悩ませることになります。

当然、これらの歩道は車道よりも高くなっているため、駐車場を作ったとしても、そのまま自動車の出し入れをする訳には行きませんよね。

街中ではこうした状況に対して、ホームセンターで売られている「段差プレート(段差をスロープにするためのプレート)」を置いて対応している家も目に致しますが、こちらは原則法令違反となってしまうでしょう。

公道は行政等が道路管理者となっていますから、無断で物品を置くことは法律で禁じられていますし、万が一自転車などがこれに引っ掛かり、事故を起こした場合には、設置者がその責任を追及されるケースもあるのです。

よって、こうした段差の解消には「歩道の切り下げ工事」と呼ばれる作業が必要となります。(歩道の高さを下げる工事)

但し、先程も申し上げた通り、勝手に工事を行う訳には行きませんから、まずは道路管理者(県や市など行政が設置する道路局など)へ工事許可の申請を行わなければなりません。

申請に当たっては、行政の担当職員と相談の上で「どの範囲で切り下げを行うか」を協議することになりますが、条例などで一定のルール(許可基準)が定められていますから、自由な工事を行うことは出来ず、

自動車の出入りに必要な最小限の範囲しか許可が下りないことも多いですし、交差点の直ぐ近くなどでは、希望の位置での切り下げが許可されない可能性もあるでしょう。

因みに工事費については「申立人の負担」が原則で、費用については工事範囲にもよりますが、車一台が出入り出来る幅で50万円~100万円程度が相場となります。

なお、施行費用にかなりの幅があるのは「工事を行う道路の舗装の種類(アスファルトの厚み等)によって工事費用が変わって来るため」となりますから、施工前にしっかりと見積もりを取っておく必要があるでしょう。

 

電柱の移設

続いてご紹介するのが、道路上に敷設されている電柱に関する問題となります。

こちらも私たちに生活に欠かせない大切な施設ではありますが、歩道と同じく車庫や玄関前に電柱があれば、これは非常に邪魔なものです。

また、当然ながら電柱には電線が通っていますから、完全撤去は不可能であり、邪魔にならない場所へ移設するという方法で対処することになるでしょう。

まず移設に関する相談窓口ですが、こちは電柱の種類によって変わって来ます。

実は見た目同じように見える電柱ですが、その管理者には電力会社やNTTなど幾つかのパターンが存在しているのです。

そして管理者を見分けるには、電柱に表示されている認識票を確認するしかありませんが、時には「●●電力・NTT」とダブルで表示されていることもあったりします。

これは電力会社の電柱をNTTが借りているか、その逆のパターンの時に見られる表示ですから、どちらかに問い合わせを行い、真の管理者を調べて下さい。

電柱の管理者が判明すれば、後は移設の相談ということになりますが、ここでも注意すべき点があります。

まず電柱の移転先についてですが、「自分の敷地が接している前面の道路部分」がその範囲となるでしょう。

もちろん、お隣の方が「自分の敷地の前の道路に電柱を移設して良いよ」と言ってくれるのならば、これも「あり」なのでしょうが、そんな仏様のような人がいるはずもありません。

また、電柱と電柱のスパンはしっかりと計算がなされた上で設計されているものですから、「敷地の前ならば好きな場所に移動できる」というものでもないのです。

更に電柱の移設費用を負担させられるケース(10万円~20万円程度)も少なくありませんから、この予算もしっかり組んでおくべきでしょう。

スポンサーリンク

 

信号や交通標識の移設

電柱の次にお届けするのが、信号機や交通標識の移設に関する解説となります。

電柱同様、玄関の目の前に信号が生えていたり、車庫の前に駐車禁止の標識などがあるのは、実に不便を感じるものです。

信号機や道路標識を管理しているのは、警察(公安委員会)であることが殆どですが、標識の場合には歩道と同じく行政が管理者となっているケースもあります。

よって、まずは警察に連絡して対象物の管理者を特定することが重要となりますが、標識等の移設は電柱などと比べて少々ハードルの高いものになるでしょう。

そもそも信号や交通標識は、事故を未然に防ぎ、人々の安全を守るために設置されていますから、如何に目立ち、見やすい場所に設置してあるかが要点となります。

見晴らしの良い場所であれば、多少位置を変更しても影響はないでしょうが、電柱や商店の看板などが多い地域では、僅かな移動で標識の意味がなくなってしまう可能性もあるです。

こうした事情から、警察も容易には移設を許可してくれませんし、他の施設と同じく例え許可されても、移設費用は申し出た者が負担するのが通常でしょう。

 

ゴミ捨て場の移設

マイホームを購入する際などに特に注意が必要なのが、ゴミ捨て場の問題となります。

日曜日に物件を見に行った際には、道路上に何も無かったはずなのに、平日に行ってみると「物件の目の前がゴミ捨て場であった」なんてお話はよく耳にするものです。

当然、仲介に入る不動産業者からは購入前に説明があるでしょうが、「玄関から離れた位置なので気にならない」と気軽にこれをスルーしてしまうと、後々「近所の人間のごみ捨てのマナーが悪過ぎる」「生ごみに臭いの酷さに我慢ならない」など頭の痛い問題を抱えることにもなりかねません。

なお、こうした状況となれば「ゴミ捨て場の位置をどうにか変更できないか?」ということになるかと思いますが、ゴミ捨て場の位置を管理しているのは町内会などの自治会組織となります。

よって町内会長などに相談することで、位置の変更が可能となりますが、施設が施設だけにその移動には様々な点で気を遣う必要があるでしょう。

当然、他人の敷地の前の道路上にゴミ捨て場を移すなんてことになれば、その土地の所有者からの承諾が得られないでしょうし、自分の敷地沿いにズラすだけでも、お隣から「自分の家にゴミ捨て場を寄せるな」なんてクレームを入れられてしまうケースもあります。

法律上は、自分の敷地の前であれば文句を言われる筋合いはありませんが、これから生活をして行くマイホームで近隣と揉め事を起こすのは避けたいところですから、ゴミ捨て場の位置については充分に注意を払っておく必要があるでしょう。

 

街路樹の撤去

そして最後にご紹介するのが、街路樹の撤去に関する解説となります。

感覚的には電柱や交通標識などと変わりが無いようにも思えますが、街路樹はとにかく厄介な点が多い代物です。

まず、植物故に移設を行うことは困難であり、出来ることは撤去(伐採・抜根)という選択肢しかないため、管理を行う行政が簡単には承諾をしてくれません。

また、対象が桜並木であったりすれば、近隣住人がこれに反対するケースも多く、近隣への説明会の開催を余儀なくされる場合もあるのです。

そして伐採の許可が下りても、大木の場合などはかなり費用を要することになるでしょうし、私が経験したパターンでは、邪魔にならない位置に新たな植樹を義務付けられたりと、とにかく一筋縄では行かないのが街路樹の特徴でしょう。

スポンサーリンク

 

歩道切り下げ、電柱の移動まとめ

さてここまで、歩道切り下げ、電柱の移動などついて解説して参りました。

冒頭でもお話した通り、マイホームの購入に当たっては、周辺環境をじっくりと吟味することが必要ですが、その際に見落としがちなのが、これらの道路上の施設となりますから、購入の意思決定に際しては充分にご注意頂きたいところです。

特にゴミ捨て場や街路樹に関しては、「こんなことなら買わなければよかった・・・」なんて後悔をすることにもなりかねませんから、下見の時からしっかりチェックしておきましょう。

ではこれにて、「歩道切り下げ、電柱の移動などについて解説致します!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。