不動産会社を選ぶ

 

「長年過ごして来たご自宅を手放す!」

「一生の住処となるマイホームを探す!」

こうした決断は人生の中で非常に大きなウエイトを占める行為ですよね。

そして、こうした勇気と思い切りが必要な行動をとるのに欠かせない存在となるのが、不動産業者という職種の者たちです。

インターネットを検索すれば、様々な不動産業者のホームページを見付けることが出来ますが、大切な家を売るのに、またマイホーム探しを依頼するのに、一体何処に任せるべきかと考え始めると答えはなかなか出てきませんよね。

そこで本日は、売却・購入等の依頼を行う不動産会社を選ぶポイントについてお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

不動産屋にも様々な業態がある

一言に不動産業者といってもその業態は様々であり、行う取引の種類によっても得手・不得手があるものです。

よってまずは、自分の目的にあった不動産業者を選ぶことが「良い業者探しの第一歩」と言えるでしょう。

ではここで、代表的な不動産業者の業態をご紹介させて頂きたいと思います。

 

大手不動産仲介業者

不動産屋さんを探すにあたり、まず思い付くのが「大手不動産業者の名前を背負った仲介会社」なのではないでしょうか。

これらの不動産会社は、テレビCMもバンバン流していますし、大きな駅の周辺ではその店舗を見掛けることも少なくないはず。

そしてこれらの業者、業態としては仲介業務専門の会社となっており、「売り・買い」共に高いスキルを有していると言われています。

その理由としては、絶大なネームバリューを持つことより、兎にも角にのも「こなす取引の件数が膨大」であり、経験不足によって引き起こされる取引上の事故が起こる確率も「低い」と考えられているからです。

また大会社がバックに付いていますから、「事故が発生した際の保証も充実していそうだし、社員のスキルも高そうで安心!」というのが、こうした大手会社の人気の秘密であるとは思いますが、実は少々注意が必要な点もあります。

まず知っておいて頂きたいのは、これらの大手仲介会社は、大手企業の子会社であることが殆どであることはもちろん、場合によってはフランチャイズに加盟した別会社が看板だけ借りて営業しているというケースもあり、「大手の名前が付いているから安心」とは一概に言えない部分もあるのです。

また、不動産の仲介には定型のマニュアルなども存在せず、先輩が後輩を手取り足取り指導するという会社も殆どありませんので、例え大手企業いとは言え、社員のクオリティーにはかなりのバラ付きがあります。

更に言えば、「大手の社員は一流大学を卒業したエリート揃い」というイメージがあるかもしれませんが、これも大きな間違いです。

仲介会社は離職率も非常に高いので、門戸を広くし、仕事の出来る社員だけが残れば良いという風潮がどこの会社にもありますから、就職情報誌等を見て採用試験を受けた不動産会社経験者や、全く別の職種から流れて来た社員も数多く在籍しているのが実情です。

もちろん、大手の仲介業者の営業マンの中には素晴らしい人格とスキルを持った方も多いのですし、冒頭で述べた大手ならでは安心感があることも確かですが、質の悪い営業マンが混じっている可能性があることは忘れないようにして頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

住宅販売系(住販系)の不動産業者

「住販系」という言葉は耳慣れないかもしれませんが、一言で言えば大手ではない仲介専門の会社を指します。

立地や外観に関しては駅前の繁華街などに店を構え、オシャレな内装の店舗を構えているケースが多いのではないでしょうか。

業態としては、大手不動産業者と変わらない仲介専門の会社ですが、大手とは異なり「売り依頼」より「買い依頼」を受けることの方が圧倒的に多いはずです。

よって物件を探しの際の情報量や、条件の良い住宅ローン融資先の情報などは豊富に持っていますが、売却に関する取引経験・業務スキルについてはやや不安の残る営業マンも多いかもしれません。

 

建売がメインの不動産業者

ここではテレビCMなどを行っている大手の建売メーカーを除き、年間20棟~数棟程度の建売販売をメインとしている中小の建売業者さんについてお話したいと思います。

店舗としては集客を目指していないため、駅から離れた場所やビルの一室などに、目立たず地味な店構えの業者が多いようです。

基本的には土地の買い付け(買い取り)を行い、自分たちで建物を建てて販売することを目的としていますので、売却依頼をすると「より安く買おう」という思惑から、物件の査定価格を安めに提示してくる可能性がありますので注意が必要です。

しかしながら、建売を行う際には多くの法令上の知識や、近隣との権利関係の調整、詳細な相場の調査などの作業が必要となりますから、他の不動産業者よりも知識や相場観についても高いスペックを有している可能性があります。

よって「自分の会社で物件を安く買い取りたい」という思惑を捨てさせ、味方に引き込むことが出来れば、売却には最も適している業態の不動産業者と言えるでしょう。

但し購入物件探し関しては、経験もヤル気もいま一つの業者が多いはずですから、注意が必要であると思います。

スポンサーリンク

 

不動産会社を選ぶコツまとめ

この様に、一言で不動産業者と言っても様々な業態の会社が存在しますので、冒頭でもお話した通り「自分の依頼内容に最も適した業態の不動産業者を選ぶことが何よりも重要」ということになります。

また、実際の窓口になるのは「あくまでも営業マンという一個人」になりますから、『建売屋さん出身の大手会社営業マン』や、『住宅販売系出身の建売営業マン』などといった経歴の持ち主が担当となれば、ここでも取引の得手・不得手の要素が出て来るはず。

よって、所属する会社の業態を理解した上で、営業マン個人の得意分野を見抜くことが、より良い不動産会社と営業マンを見極め、不動産取引を成功させるコツとなるのです。

ではこれにて、「不動産会社を選ぶポイントについて」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。