戸建の間取り

 

マイホームを購入する際に、「戸建」を選択された方の多くが頭を悩ませるのが間取りの問題です。

因みに本ブログではこれまで、繰り返し「これから戸建を購入する方の多くは、建売を選ぶことになる」とお話して来ましたから、『建売を買うのに間取りの選択なんて出来ないのでは?』とお思いになられる方も多いと思いますが、

多棟現場の建売物件ならば、少ないながらも間取り選択の余地は残されているでしょうし、建築条件付の売地では自由に建物のプランニングが可能ですから、やはり間取りの決定は非常に重要なものとなって来ます。

そこで本日は「戸建の間取りについて考えてみます!」と題して、後悔しない間取りの決め方や、プランニングのポイントなどについて解説してみることに致しましょう。

スポンサーリンク

 

戸建は間取りが命

では早速、間取り決定のポイントなどについてお話して行きたいところなのですが、読者の皆様の中には「戸建の間取り決定が如何に重要なものであるか」を充分に理解されていない方も多いと思いますので、まずはその重要性から解説を始めましょう。

購入対象がマンションである場合には、間取りはおのずと決まって来ることが多いでしょうし、変更出来たとしても「壁を撤去するか、否か」程度の選択肢しか生じないものです。

これに対して戸建では、平屋でない限りは1階、2階というフロアーの概念を念頭に入れた設計を行わなければなりませんし、「リビングや風呂・トイレを何階に配置するか?」等の簡単には決め難い問題とも向き合って行かねばなりません。

また、フロアーの移動に用いる階段も多くのスペースを消費するため、その配置によってはリビングや居室が思う様に配置出来なくなってしまうことも充分に有り得ますし、

一度建築確認を取得してしまうと、その変更には高額な費用と長い時間を要することになってしまいますから、これはなかなかにしんどい作業となるでしょう。

更には実際に生活を初めてみたら、「キッチンの位置がどうにも使い辛い」、「洗濯機置き場と物干しスペースが離れ過ぎている」、「年齢と共に階段の上り下りが辛くなって来た」等々、様々な不満が頭をもたげて来る可能性も秘めているのです。

この様に戸建の間取り決定は、自由にプランが決定出来るというメリットの反面、とんでもない大失敗や、後悔の種を生み出すリスクを孕んだ実にデリケートな作業ということが出来るでしょう。

 

戸建を買う前(建てる前)に知っておくべき間取りの知識

さて、戸建ての間取りが如何に重要なものであるかをご理解頂けたところで、具体的な間取り作りのポイントや注意点を解説して参りましょう。

 

階段の位置

前項でもご説明しましたが、戸建の階段部分はフロアーの移動という重要な役割を担っている上、限られた建築スペースを大幅に消費する厄介な代物でもあります。

因みに無理のない階段一段の高さは20cm程度とされている上、次のフロアーまでの高低差を考えれば、最低でも14~15段は必要ということになるでしょう。

また当然、足を置くステップにも充分な面積が必要ですから、このステップの面積と階段の段数を合わせて考えると、ワンフロアーについて約3.3㎡(約1坪)もの面積を階段に裂かねばならい計算になります。

2階建て住宅のワンフロアーの床面積は40~50㎡が平均ですし、3階建なら30~40㎡が通常ですから、階段のスペースが如何に大きなウェイトを占めるかがご理解頂けるはずです。

そして更には、上り階段と下り階段を行き来する通路(廊下)も計算に入れなければなりませんから、階段が消費する面積は想像を遥かに絶するものとなるでしょう。

なお、階段の形状(真上から見た形)としては「L字型」「コ字型」「一文字型」などがありますが、一文字型は非常に長い廊下(通路)が必要となるため敷地に余裕のある土地でしか設計に組み込むことが出来ないはずです。

 

トイレについて

日々の生活を送る上で、当然ながらトイレは無くてはならない設備となります。

2階建ての場合であれば、今やワンフロアーに一ヵ所のトイレは当たり前ですが、困ってしまうのが3階建てです。

建売住宅の多くでも、3階建の場合はトイレが二ヶ所というのが標準ですし、注文住宅でも三ヶ所付いているお宅は珍しいでしょう。

そうとなれば、「何階と何階にトイレを配置するか」が悩みどころとなる訳です。

なお、ここで判断基準となるのは寝室とリビングの配置となります。

就寝中にトイレに行きたくなった際、わざわざ階段を使ってトイレに行くのは非常に面倒ですし、食事や団らんを楽しむリビングについても、いちいち他の階に用を足しに行くのは避けたいですよね。

よって3階建てのトイレの配置については、リビングと寝室のある階に持って行くのベストでしょう。

因みに、階段下のスペースをトイレとしている物件も多く見掛けますが、こちらも不用意に配置すると非常にトイレが狭くなったり、天井が低くなったりする可能性がありますから、トイレの設置には細心の注意を払うべきです。

スポンサーリンク

 

リビングについて

家族みんなで食事をしたり、団らんの一時を過ごすリビングの重要性は近年大きく向上していると言えるでしょう。

そこで頭を悩ますのが、「リビングを何処に配置するか?」という問題となります。

基本的にはなるべく日当たりの良い場所を選ぶべきですが、現在の厳しい住宅事情においては、なかなか配置が決められないという方も多いはず。

まず何階にリビングを持って来るかという点ですが、2階建ての場合には1階を選択する方が多いようです。

但し、近隣に3階建て以上が多い用途の地域では、2階にせざるを得ないというお宅もあるでしょう。

そして3階建ての物件では、日照の問題で2階以上となる場合が殆どです。

因みにひと昔前までは、リビングを通過しないと上下の階との行き来ができない物件は忌み嫌われていましたが、近年ではあまり抵抗を感じないという方が多い模様。

なお、リビングと言えばキッチンと一体型になっているのが通常ですが、流行のアイランドキッキンなどにした場合は多くの面積を占有してしまうため、最低でも15畳以上のリビングでないと居住空間が大きく圧迫されることになるでしょう。

 

バス・脱衣場

一日の疲れを癒してくれるお風呂場ですが、こちらも配置に頭を悩ます設備となります。

ひと昔前では、漏水のリスクから一階に配置するのが当たり前でしたが、近年では配管の耐久性も向上していますので、2階以上でも何ら問題はありません。

但し、ユニットバスは配管の切り回しの関係で、床にかなりの厚みが必要ですから、2階以上にすると真下の部屋の天井が少々低くなる可能性があります。

また、脱衣場は洗濯機置場も兼ねますから、洗濯物を干すバルコニーまでの距離も注意して配置しましょう。

因みに、お風呂場は一坪タイプが当たり前ですが、脱衣場に関しては3/4坪分のスペースしかないものを多く見掛けます。

もちろん大きな問題がある訳ではありませんが、住んでみると意外に使い勝手悪いとのお声もお聞きしますので、なるべく1坪タイプの脱衣場を作りたいところです。

 

窓について

さて続いては窓などサッシ関係のお話しとなります。

夢の新築住宅を手に入れたのだから、燦々と日の光が差し込むお部屋を作りたいと誰もが考えるものですが、何処でも好きな場所に窓を設置する訳には行きません。

まず窓を作る障害となるのが、建物の構造上の問題です。

現在の建物は建築基準法の厳しい審査を経て建築されることとなりますから、あまりに大きな窓や一つの壁面に多数の窓を設けようとすると、建築確認を取得出来ない可能性があります。

特に建物を壁で支える2×4工法の場合には、窓の形状が直接建物の強度に係って来ますから、開口部の自由は利き辛くなるでしょう。

因みに、建築基準法では「居室」とするために一定の採光基準を設けていますから、充分に日の光が入らないお部屋は納戸(サービスルーム)として扱われることになります。

また、既に建物が建っている近隣のお宅との関係も窓の位置に大きな影響を及ぼす事項です。

隣りの建物と窓の位置がバッティングしてしまう場合などには、新築する側が位置を変更するのが礼儀となりますし、どうしても位置が動かせない場合には擦りガラス(曇りガラス)などへの変更を余儀なくされるでしょう。

 

内装ドアについて

ドアという、玄関ドアが真っ先に頭に浮かびますが、居室やトイレ、脱衣場の入り口などに設置する内装のドアも忘れてはいけません。

通常、お部屋の入口に設置するドアは、「開戸(普通のドア)」か「引き戸」となるでしょう。

開戸の場合には、扉を開けた際に電灯のスイッチやコンセントなどが隠れてしまわない様に設置するのが基本となります。

またトイレなどの場合は、内側に開くように設計してしまうと、内部で家人が意識を失ってしまった場合などに、扉が開けられないという問題が生じる可能性も出て来ます。

よって原則、開戸は廊下側に開くように設置することになりますが、ドアを開けた際に廊下に立っている人間にぶつかってしまう可能性もありますから、階段の周辺などに扉を配置する場合は注意が必要でしょう。

一方、引き戸に関してはここまでお話した様な配置の問題を考える必要はありませんが、扉を開いた時にドアが何処に収納されるかを充分に考える必要があります。

扉をスライドさせた先が収納等になっていると、そもそも設置が不能な場合もありますので、ご注意下さい。

 

バルコニーについて

広々としたバルコニーは誰もが憧れるものですが、戸建ての場合はそれ程自由に設置できるものではありません。

バルコニーの下に建物の躯体がある場合ならともかく、建物からバルコニーが飛び出している場合には、90cm程度の幅が限界でしょう。

もちろん補強工事を施すことにより、更に飛び出し幅を広げる方法は存在しますが、費用もそれなりに掛かる工事となるでしょう。

スポンサーリンク

 

戸建の間取りまとめ

さてここまで、戸建ての間取りを決定する上での注意点などをまとめて参りました。

建築条件付きの売地を購入する方や、土地を購入して注文住宅を建築しようとお考えの方には是非ともご参考にして頂きたいと思いますし、完成済みの建売をお探しの方にも物件選びのヒントとしてご活用頂けるはずです。

なお、こうした間取り造りの注意点などをお話していると、「どんな土地を選ぶと間取りが入れやすい?」なんて疑問も浮かんで来ることと思いますので、以下ではこの点について解説致しましょう。

まず間取りが入れやすい土地のポイントは、地形が長方形であることです。

もちろん多少の変形(台形や平行四辺形)は問題ありませんが、三角形や正方形の土地は非常にプランニングが困難となりますのでご注意下さい。

また、土地の間口(道路に接する幅)も非常に重要であり、最低でも5.5m以上の間口を確保したいところでしょう。

間口5.5mと言うと非常に贅沢な条件の様にも聞えるかもしれませんが、民法によってお隣の土地境界と50cmは間を空けて建物を建築しなければなりませんから、

間口が5.5mあっても1m(両隣の50cm+50cm)は建物の敷地として利用出来ないため、実質4.5m間口の土地となってしまう訳です。

土地を購入して自由な間取り造りを楽しみたいのであれば、こうした土地の形状にも充分に注意を払う必要があるでしょう。

ではこれにて、「戸建の間取りについて考えてみます!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。