二階建てと三階建ての

 

マイホームの購入に際して「戸建てを選択された方」が、その次に直面するのが『二階建てと三階建てのどちらの住宅を選ぶべきか?』という問題なのではないでしょうか。

パッと見た目、それ程違いが無いように思えるこの2タイプの住宅ですが、じっくり考えてみると、それぞれに利点や問題点が存在するものです。

そこで本日は、「二階建てと三階建ての住宅!そのメリット・デメリットを解説します!」と銘打って、この二つの住宅を徹底的に比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

二階建て住宅のメリット

古き良き時代には、平屋の住宅に住む方も少なくありませんでしたが、住宅事情の厳しくなった現在では、平屋はもはや贅沢の極みとも言える存在となっています。

最近でも時折平屋を建てている方を見掛けはしますが、建売の分譲等においては、間取りの確保やコストの問題から二階建てが「最も贅沢な建物」となっているのが実情です。

では早速、そのメリットを見てきましょう。

 

住環境の良好さと日照の問題

まず二階建て住宅の利点として挙げられるのが、「住環境の良さ」と「日当たりの良好さ」という点です。

二階建ての建売が分譲される地域の多くは、都市計画法上の用途地域が第一種低層住居専用地域など、3階建以上の建物が建築し辛いエリアであることが殆どとなります。

よって、隣に高いビルが建って日照が阻害される可能性も低くなりますし、地域によっては最低敷地面積の制限や、お隣の建物との間隔を確保するための敷地後退などが定められていることも多いはず。

また二階建ての場合、同じ間取りを作るにも大きな土地が必要なことから「販売価格が割高」となり、周囲にそれなりの収入を得ている方々が自然と集まって来る傾向にありますから、治安といった面でも安心感が高いでしょう。

 

建築コストが低額

前項のお読みになると、物件は高いのに「建築費が安い」というのは矛盾しているように感じるかもしれませんが、これもまた事実です。

ハウスメーカーなどが公開している建築単価を比較しても、2階建ての方が割安なのは自明の理ですし、三階建てに比べて建物の重さも軽くなるため、地盤改良などに関してもより軽微な工事で済んでしまいます。

更には、三階建では建築確認取得時に構造計算と呼ばれる特殊な作業が必要となりますが、二階建てならこれも不要なので設計費も節減出来るという訳です。

つまり二階建ての建売の分譲価格が高いのは、土地の大きさに影響を受けているだけのこととなりますから、建替えとなれば、三階建てよりもリーズナブルということになります。(但し、擁壁工事のやり直しが必要な場合はこの限りではありません。詳細は「宅地造成と擁壁について解説致します!」の記事をご参照下さい)

 

高齢者や障害をお持ちの方にも優しい

二階建て住宅は、その住空間を一階と二階で完結している建物となります。

「何を当たり前のことを」と言われてしまいそうですが、ご高齢者や障害をお持ちの家族にとって、これは非常に重要な問題となるでしょう。

平均的な二階建て住宅の間取りでは、一階部分にリビングと居室が一つ、そしてトイレ・お風呂が配置されているケースが多いのですが、階段の上り下りが困難な方にとって、これはとても有り難い設計ですよね。

それに対して三階建てでは「リビングが2階、お風呂は1階」というケースも少なくありませんから、お身体が不自由な方々にとっては何かと不便を感じることでしょう。

なお、今現在こうした事情を持つご家族がおられなくとも、20年、30年後のこともしっかり考えておく必要があるでしょう。

 

災害に強い

二階建て住宅のもう一つのメリットが「災害に対する強さ」となります。

これは二階建て住宅が構造的に優れているということではなく、隣地との距離が離れているとめ、火災による延焼の被害を受ける確率が低い上、地震に関しても、倒れた来た隣家に押し潰される可能性が低下するという意味です。

お隣の建物との間が狭い三階建て住宅では、こうは行きませんよね。

 

二階建て住宅のデメリット

さて、ここまで二階建て住宅の利点をご紹介して来ましたが、ここからは問題点にもスポットを当ててみましょう。

 

購入価格が高額

メリットの部分でもお話しましたが、土地利用の関係から二階建て住宅は「より広い土地が必要となる」ため、販売価格が高額となるという特徴を持っています。

こうした事情から、買いたい気持ちはやまやまだが、購入が叶わないという方も多いはずです。

 

近隣の生活施設に難あり

二階建て住宅が建てられる地域には「閑静な住宅街が多い」ことはお話しましたが、これを裏返せばコンビニや商店などが建て辛い地域であるということになります。

また、こうした地域は駅からの距離が離れていることも少なくありませんから、通勤や通学に苦労するというケースも多いでしょう。

 

地形の問題

次に浮上して来るのが、地形に関する問題となります。

「山の手」という言葉がある通り、2階建てが当たり前の高級住宅街は山や丘の上や、その中腹であることも珍しくありません。

若い内はそれ程の問題はないかもしれませんが、上り坂・下り坂が将来的に不安という方もおられるでしょう。

スポンサーリンク

 

三階建てのメリット

二階建ての利点・問題点をご理解頂いたところで、ここからは三階建て物件について解説して行きましょう。

ではまず、そのメリットからご紹介して行きます。

 

物件購入価格が割安

三階建て物件の最大のメリットは「必要とする土地が狭くて済む」ため、物件購入価格を割安に抑えられるという点です。

現在、住宅ローンの金利は低い水準にありますが、将来のことは判りませんから、少しでも楽な返済計画を立てようとすれば三階建て物件は非常に魅力的でしょう。

 

とにかく便利

三階建の建売が販売されているエリアは、駅からの距離が近く、平坦な場所であることが多いはずです。

よって駅まで歩くのも楽ですし、途中に山坂があることも少ないでしょう。

また、こうした地域には商店街なども形成されるはずですから、コンビニやスーパーまで徒歩で僅か数分という物件も多いはずです。

 

三階建てのデメリット

続いては、三階建ての問題点について考えてみることにしましょう。

 

住環境の問題

メリットの部分でもお話したが、三階建て物件の魅力である「価格の安さ」は周辺に低所得者層を集めることになります。

またコンビニや商店が、飲食店が近ければ、柄の悪い若者も集まり易いでしょうし、キャバクラやパチンコ店等、お子様の教育上あまり感心出来ない施設が近隣にあるケースも多いでしょう。

更には、こうしたエリアであれば暴力組織の事務所などが存在する可能性も高まるはずです。

 

日照の問題と災害に対する脆弱さ

三階建ての物件が建築される地域は、建物同士の距離が狭いことが多く、一、二階は殆ど日の光が入らないという分譲地も珍しくありません。

また、都市計画において高い容積率が設定されているエリアでは、将来的に大きなビルが建って日照が阻害される可能性が高いため、日当たりを重視する方にはおすすめ出来ないの現実です。

その上、建物が密集しているが故に地震による隣家の倒壊や延焼により、自宅が巻き込まれることも有り得ますし、河川や海が近い場所なら津波や液状化の被害を受ける可能性も高いでしょう。

 

資産価値の問題

駅に近く、何かと便利な立地となる三階建てが建つエリアは、本来地価が高いのが通常です。

そんな地域の物件が何故安く購入出来るかと言えば、狭い土地でも高い建物が建つという理由に他なりません。

よって三階建て物件の中には、土地の面積が15坪(50㎡)程度のものも少なくありませんし、中にはこれを下回るケースもあります。

こうした土地では、建て替えの際にも従来と同じような間取りしか入れることが出来ず、有効な土地活用が行えないため、資産価値という意味では不利に働くことも少なくありません。

子供達に資産を残すことや、売却時にそれなりの収益を望むのであれば、あまりに小さな土地の三階建ては避けるべきでしょう。

スポンサーリンク

 

二階・三階建ての比較まとめ

さてここまで、二階・三階建てそれぞれのメリット・デメリットを解説して参りました。

それぞれに利点・問題点は存在するものの、やはり値が張るだけのことはあり、二階建て物件の方が有利な印象を受けるはずです。

なお近年では、基本三階建てのエリアであるにも係らず、土地分割上の問題やお客様のニーズに応えて「二階建ての建売が企画されるケース」も増えておりますから、私個人としてはこちらもおすすめかと思います。

こうした物件はそれなりに隣地との距離も確保されていますから、周辺に大型マンションやビルが建ちそうな用地がなければ、日照や災害時の問題もクリアー出来ますし、

土地面積が30坪程度あれば、後々は賃貸マンションやアパートとしての活用も可能となりますから、資産価値としても非常に魅力のある物件となるでしょう。

二階建て、三階建て物件のそれぞれの特徴をしっかりと理解し、後悔のないマイホーム購入を行いたいものですよね。

ではこれにて、「二階建てと三階建ての住宅!そのメリット・デメリットを解説します!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。