不動産を高く売る

 

不動産売買の仕事をしていると、売却依頼を任されたお客様から「高く売ってね!」なんて、激励を頂くことがあります。

人それぞれ、物件を売却するには様々なご事情があるでしょうし、長年暮らして来たマイホームを手放すのですから、こうしたお気持ちになるのは当然のことでしょう。

また、不動産業者のホームページなどを見ると「高く売ります!」何て宣伝文句をよく目に致しますし、物件の査定を行った際に「他の不動産屋さんの方が高い査定額だった!」なんてご指摘も頂戴することがあります。

ただ、ここで申し上げておきたいのは「不動産屋さんのスキルの問題」や「査定価格が高い」からといった理由で、物件が高額で成約することはないということです。

どんなに取引経験が豊富な不動産屋さんでも、相場よりも高い物件を売却するのは非常に時間が掛かりますし、査定価格に関しては「当初、高額な査定をして、後からジリジリと値段を下げよう」と考えている不動産業者も少なくありません。

つまり、物件が高く売れるか否かは、不動産屋さんの手腕ではなく、物件自体の魅力と見せ方にあるということなのです。

そこで本日は、「不動産を高く売る方法!お教えします!」と題して、売主さんが自力で行える、高額売却の裏技をお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

高額売却のコツを伝授!

では早速、物件を相場よりも高く売却し、成約スピードのアップにも繋がる手法をお教えして参りましょう。

なお、ここでご紹介する方法は、管理人や仕事仲間たちが仕事上で培って来た経験則に基づくものとなります。

 

負の要素を見せない

中古物件の売却となれば、多くの場合、入居中に購入希望者が物件の内覧に訪れるものです。

この様なシーンで重要となるのが、「負の要素」となるものを室内からなるべく排除しておくことでしょう。

例を挙げれば、亡くなられている方の遺影や、仏壇、そしてお札などがこれに当たるかと思います。

大切なご先祖様の位牌や祖父母の写真、そして信仰する神様に関するお札などを「負の要素」と言ってしまうと、気分を害される方も多いとは思いますが、物件を見に来る方々は夢のマイホームを探している真っ只中。

遺影を見れば「物件の中で亡くなっているのかな?」、お札を見れば「何か出るのかな?」など、ついつい考えてしまうものです。

また仏壇に関しても、それを目にしてしまえば、購入後にお部屋を利用する際に「仏壇の置かれていたスペースがどうしても気になってしまう」のが人間心理でしょう。

こうした購入希望者の心理を考え、仏壇に案内の時だけカーテンを掛けたり、遺影やお札を外すなどの気遣いは非常に重要なものとなります。

 

明るさが大切

さて次に重要となって来るのが、お部屋をなるべく明るく見せる工夫となります。

物件をお探しの方にとっては、当然ながら「お部屋が明るいか、暗いか」というのは非常に大切な問題ですよね。

この様にお話すると「日当たり何てどうにも出来ないじゃない」とお思いになるかもしれませんが、何も日照ばかりが明るさの印象を左右するものではありません。

お部屋の電灯を通常の電球からLED電球に替えるだけでも、お部屋の印象はかなり変わるものです。

特に玄関などは、分譲マンションでも戸建でも、暗くなる場合が多いですから、ここだけでもLED電球にしておくと、内見に来た方の印象を大きく変えることが出来るでしょう。

また、当然点灯させておかないと意味がありませんので、ご案内が入る時には昼間でも必ず電気を点けておくように心掛けたいとこです。

 

臭いも重要

続いて対策を行うべきなのが、臭いに関する問題です。

近年では嫌煙家の方が増えていますから、煙草の臭いなどはそれだけでも嫌がられてしまうものですし、煙草を吸わないという方でも「各家庭の臭い」というものは必ずあるものです。

そして長年浸み込んだ臭気は、例えクロスを変えても簡単には駆逐出来ませんから、内覧の際に臭いを気に掛ける方も少なくありません。

この様にお話しすると「芳香剤を使おう!」と考える方も多いと思いますが、匂いにはそれぞれ趣向がありますから、好みでない香りの場合はむしろ逆効果となる可能性もあります。

また、染み込んだ臭いは一日二日換気をしたくらいでは、誤魔化すことは困難ですから、これは非常に頭の痛いところでしょう。

そこでおすすめなのが、光触媒を利用した消臭スプレーとなります。

こちらの商品、東急ハンズやカー用品などを扱う店で普通に販売されており、一本2,000円程度と少々お高くはありますが、その効果の程は抜群です。

光触媒と光エネルギーにより臭いの素を根こそぎ分解してしまうというこの製品は、一度散布しておけば洗い流さない限り半永久的に臭いを防いでくれるという優れモノであり、

壁がなどに散布して光を当てておけば(蛍光灯の光でも可)臭いは自然と薄らぎますから、これは非常に便利でしょう。

スポンサーリンク

 

掃除とプチリフォーム

また、お部屋を清潔に保っておくことも重要なポイントとなります。

どんなに素敵なお宅でも、廊下に埃が積もっていたり、綿埃が溜まっていれば、それだけで印象は悪くなりますし、案内中に家庭害虫のGが出現したりすれば、まとまる話もまとまる訳がありません。(管理人も体験済み)

よって、案内が入る日はもちろん、普段から極力掃除を心掛けておきましょう。

またクロスの破れや、壁の穴、煙草の煙による変色なども非常に心象の悪いものとなります。

なお、こちらは掃除ではどうすることも出来ませんので、場合によっては壁紙の張り替え程度のリフォームを行うのも有効でしょう。

但し、全面の張り替えとなると非常に経費がかさんでしまいますので、破損の激しい壁が一面だけの場合などには、その面だけを派手な色使いの「アクセントクロス」に張り替えてしまうという手もあります。

アクセントクロスへの貼り換えは非常にセンスが問われるところではありますが、上手く行えば物件の印象をより良いものにするばかりか、他の競合物件との差別化を図ることも可能でしょう。

 

温かい家庭を演出

不動産業界でしばしば語られるジンクスとして、「家計が傾きかけの家を購入すると不幸になる」なんてお話があります。

確かに、破産や離婚などの理由で売却された物件を購入した方に不幸が降り懸かるという事例は多くありますし、そもそもこうした事情を抱えたお宅は「購入希望者も買いたいとは思わない」ものです。

そこで重要なのが、例えこうしたマイナス要因の売却動機であっても、それをお客様に決して気取らせない努力をすることです。

もちろん、やり過ぎは不可ですが敢えて楽しそうな家族写真や、子供が書いた家族の絵などを冷蔵庫や壁に貼っておくのは、それなりの効果があります。

また、どんより落ち込んだ雰囲気の売主さんの姿はそれだけでもマイナス要因になりますから、出来る限りオシャレな格好をして、明るい家庭を演出しましょう。

 

セールスポイントをさり気なくアピール

売主さんの中には、ご案内でお客様をお連れした際、やたらと物件のセールスポイントをアピールされる方がいらっしゃいます。

もちろん、「少しでも物件を気に入ってもらいたい」という気持ちは解りますが、あまりに過剰なアピールはむしろ『何かあるのでは?』と怪しまれる可能性も否定出来ません。

そこでお勧めなのが、アピールポイントは「さり気なく」、でも「目立つように」売り込んで行くという手法です。

例えば、日当たりが売りの物件なら、敢えて育ちの良い観葉植物を窓際に並べてみたり、静かなの住環境をアピールしたいなら、階段に子供向けの張り紙として「夜九時以降は近所迷惑になるので、静かに階段を下りること!」などと貼っておくのも良いでしょう。

また、よりスムーズにアピールを行いたいなら、伝言用のホワイトボードやカレンダーへの書き込みが有効です。

「●月●日、自宅で花火鑑賞会」などと書いておけば、花火が見える物件であることがアピール出来ますし、「▲月▲日町内会餅つき大会」なんて書いておけば、地域活動が活発であることをさりげなく内覧者に伝えることが出来ますよね。

スポンサーリンク

 

家を高く売るコツまとめ

さてここまで、マイホームをより高く売却する方法について解説して参りました。

ご紹介して来た手法は、どれもそれ程費用や労力を費やすことなく行えるテクニックとなっていますが、その効果は絶大だと思います。

不動産関連のブログなどを見ていると、「少しでも高い査定価格を提示する会社を選ぶのが、高額売却のコツ」なんて書き方をしていますが、価格はあくまでもお客様(売主)が決めるものです。

何社かに査定依頼をして、おおよその相場観が掴めたなら、今回ご紹介した様な努力をした上で、ご自分の意志で販売価格を決定し、最も親身になってくれそうな不動産屋さんへ売却依頼を掛けるのが成約への近道となるでしょう。

また、冒頭で『不動産屋さんのスキルによって、売却価格が高額になることはない』と申し上げましたが、これは揺るぎない事実です。

但し、不動産屋さんの「腕」によって、売却後のトラブルを回避出来る可能性は大きく変わって来ますので、高い査定額を提示する業者より、より堅実で経験豊かな業者さんを選ぶことをおすすめ致します。

思い出の詰まったマイホームの売却は、人生の一大イベントですから、後悔のないお取引がしたいところですよね。

ではこれにて、「不動産を高く売る方法!お教えします!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。