不動産の嫌悪施設

 

マイホームを購入するとなれば、様々なことが気になって来るものですよね。

「地盤は大丈夫か?」、「建物の耐震性は?」、「駅からの利便性に、周辺の治安は?」などチェックするべき事項は枚挙に暇がありません。

もちろん売買契約の前に行われる重要事項説明においては、生活するにあたり「これは・・・」という問題については説明するのがルールとなっているのですが、

こうした説明事項の中でも、不動産業者が「説明するか、否か」「どの様に説明すべきか」という点で最も頭を悩ませることとなるのが、「嫌悪施設」と呼ばれるものとなります。

本日はそんな非常に気になる「不動産の嫌悪施設」についてお話してみたいと思います。

では、明らかな嫌悪施設から、説明義務はないものの知っておきたい嫌悪施設まで、全てをおまとめした知恵袋を開いて見ましょう。

スポンサーリンク

 

嫌悪施設とは

嫌悪施設とはその名の通り、「人間が嫌悪感を示す施設」を指す言葉となります。

宅地建物取引業法が定める重要事項の説明のルールでは、「存在を知っていれば物件を買わなかったであろう事実は、説明するべし」と定めていますから、例え物件から一定の距離を置いて存在している施設でも、告知を行う必要が出て来るのです。

但し、「どんな施設が嫌悪施設に当たるか?」という点や、「どれくらいの距離があれば気にならないのか?」なんてことについては、人ぞれぞれな部分がありますから、これを定義するのはなかなか難しいものがありますよね。

そこでまずは、一般的に重要事項で説明されることとなる代表的な嫌悪施設の例を挙げてみたいと思います。

 

公害・騒音系の施設

主に工場や作業所などがこれにあたるかと思います。

騒音、振動、粉塵、臭気などが発生する施設があるのならば、購入前に知っておきたいと思うのが当然ですよね。

また、表記のように「前を通っただけで、誰も気が付く」判りやすい施設以外にも、地下水の汲み上げにより将来的に地盤沈下の可能性があったり、工場に物品を搬入するトラックの通行が激しいなどの事象も、これに含まれることとなります。

 

教育に悪い、品位に係る施設

風俗店やパチンコ屋、暴力団事務所などがこれに当たります。

これから新しい地域で子育てを始めようと考える方にとっては、非常に重要な問題となりますよね。

また、こうした施設があることにより、物騒な事件が起こる可能性も否定できませんので、やはり説明を受けておきたいところです。

 

不快感を感じる施設

これが最も難しいものとなるでしょうが、気分的に気になる施設ということになります。

お墓や火葬場などが代表的なものとなりますが、個人の持つ宗教観や考えにもかなり左右されますので、判断に苦しむところでしょう。

トラブル回避を第一に考える不動産会社などでは、お稲荷さんや神社、病院や古戦場なども嫌悪施設として説明されているようです。

もちろん敷地内にお稲荷さんや井戸があれば絶対に説明するべきでしょうが、近隣にあるだけで嫌悪施設扱いというのも、「どうなんだろう?」と思ってしまうものも含まれていますよね。

 

この様に、「嫌悪施設として扱われるのがお約束の施設」というものは確かに存在しているのですが、「どの程度詳細な説明をするか?」等については、あまり具体的取り決めやルールが存在する訳ではありません。

また、こうした性質のものだけに後々裁判などになった場合でも、説明がなかったことを理由に必ずしも勝訴出来るとは限りませんから、買い手は自分がどんな施設があると「気になるのか」を購入意思決定前に整理しておくことが重要となるのです。

隠れた嫌悪施設たち

さてここまで、不動産業界ではお約束ともなっている代表的な嫌悪施設をご紹介して参りましたが、後々トラブルを引き起こす可能性のある施設はこれだけではありません。

そして、こうした施設の多くが一見しただけではトラブルを巻き起こす施設には見えない「隠れ嫌悪施設」とも呼ぶべきものとなりますから、経験の浅い不動産屋さんではその危険性にさえ気付かないことが多いのです。

よって隠れ嫌悪施設についてはお客様側でも、しっかりチェックしておく必要がありますので、その一例を以下にご紹介させて頂きます。

 

児童施設や学校

「えっ?学校とかってむしろ住環境のプラス要因なのでは?」と思われるかもしれませんが、実は物件購入後にクレームになることが少なくない施設となります。

まず多いのが、登下校や運動会などのイベントに伴う騒音の問題です。

学校の校門前の物件ともなれば毎朝・毎夕、大騒ぎしながら登下校する生徒の声を聴きながら生活をしなければなりませんし、少々素行の悪い中学・高校などでは、空き缶を道路に放置したり、タバコの吸い殻を投げ込まれたりなどのトラブルも発生するでしょう。

また、夏休みともなれば早朝からラジオ体操の音楽が大音響で流れる可能性があることも覚悟しなければなりませんし、運動会の時期には練習も含め、かなりの騒音が発生するはずです。

更には幼稚園などの場合、登下校時は周辺の道路にズラリとお迎えの自動車が並び、自宅への出入りや車庫入れが困難になるというケースも考えられます。

そして、頭に血が上って保護者に注意をしたところ、揉め事に発展してしまったという事例が実際に存在しますから、これはなかなかに困った施設と言えるでしょう。

 

神社・仏閣

こちらも「環境的にはプラスなのでは・・・」と思える施設ですが、そうとばかりは言い切れません。

日数は限られるでしょうが、お祭りや縁日、盆踊りや初詣など、様々なイベントが行われ、御神輿などの日には「自宅から車が出せない」などのトラブルも耳に致します。

また初詣で多くの参拝者を見込む寺社仏閣では、正月から一月いっぱいの期間、周辺の道路は路上駐車がゾロリなんてケースもあるようです。

なお、近隣に新興宗教の施設などがある場合には更なる注意が必要となります。

毎週日曜日に礼拝などのイベントを行う宗派も少なくありませんから、多くの信者が家の前を行き来することになりますし、稀にではありますが、社会的に危険な教義を掲げる団体も存在するでしょう。

 

公園・広場

またまた好感度の高い施設の名前が上がってしまいました。

もちろん抜群の解放感を味わうことは出来るのですが、夜ともなれば不良たちの溜り場となるケースも少なくありません。

また森や林がある場合には、そこが犯罪の舞台となったり、自ら命を絶つ方の最後の地に選ばれることもあるでしょう。

更には、学校と同じく早朝のラジオ体操の騒音に、土日は多くの家族連れで賑わうこととなり、路上駐車やゴミの問題に悩まされる可能性もあります。

スポンサーリンク

 

飲食店

自宅の近くに飲食店があるのは、何かと便利に感じますがあまりに近過ぎるのは問題です。

「マンションの一階に飲食店が入っている物件を買わない方が良い」といったお話を耳にされたことがあるかもしれませんが、これはなかなか的を得ています。

大手のファミレス等ならそれ程でもありませんが、個人経営の居酒屋、レストランなどが、同じ建物やお隣りなどにある場合は害虫等の被害を受ける可能性が高いでしょう。

また飲食店が入っている物件は、退去後も「居抜き」で貸しに出されるケースが多いため、その後も代替わりしながら飲食店が借りる続ける可能性は充分にあります。

そして、新たに入って来たテナントがカラオケや、大音量で音楽を流すタイプの業種であった場合には、住環境が悪化することは必至でしょうから、この点にも注意が必要です。

 

バイク置場、バイクショップ

もちろん「一概に」とは言えませんが、意外にクレームとなるケースが多い施設となります。

バイク置場では、冬場に暖気するエンジン音が聞こえることも多いでしょうし、空ぶかしをする不届き者も少なくありません。

また、大手のバイクショップならともかく、チューニングショップなどでは改造マフラーの大きな音が響き渡りますし、出入りしている人間も厄介なタイプが多いようです。

 

困った方々

これは施設と言って良いか疑問ですが、ワイドショーでお馴染みの騒音おばさんや、ゴミ屋敷が近隣に存在するのも大問題です。

そして見た目で気付き辛いのが、猫を大量に飼育していたり、野良猫に餌付けをしている「猫屋敷」や、伝書バトを趣味にしているお宅となります。

どちらも害虫や悪臭が発生する可能性が高いですし、ハトに関しては時折飛び立たせたりするため、フン害が発生することもあるでしょう。

また、特に注意すべきとなるのが暴力団の組長の自宅等であり、組事務所であれば警察で所在が確認出来るため、不動産業者の調査で判明することが多いのですが、自宅となると人権保護の観点から情報を流して貰えないのが通常です。

ちょっと立派な普通の住宅だと思っていたら、毎朝組員がお迎えに来るなど、シャレにならないトラブルも現実に発生しています。

 

競輪・競馬場等の施設

そして意外に多いのが、競輪場や競馬場といったギャンブル関係の施設の問題です。

先にお話した「パチンコ屋などと何が違うの?」と思われるかもしれませんが、こうした施設周辺では土曜・日曜ともなると柄の悪い方々が大挙して訪れます。

また、かなり距離が離れていたとしても、負けてスッテンテンになったオジさんたちが次の駅まで徒歩で移動したりますから、その通り道に面しているお宅では、毎週オジさんの川が家の前を流れて行くことになります。

中には酔っぱらっている方も少なくありませんから、やはりこうした立地は避けたいものです。

 

ニアミス事故物件

過去に自殺や殺人事件、孤独死などがあった物件は「事故物件」としての扱いを受けます。

しかしながら、そのお隣などは重要事項の説明対象とならないことも少なくありません。

厳密に裁判などで争えば勝ち目はあるかもしれませんが、不動産業者の中にはそんなリスクを考えず、当然の如く告知を行わない会社も多いのです。

もちろん気持ちの問題ではありますが、夢のマイホームのお隣りが「曰く付き物件」というは避けたいところでしょう。

そして更に気を付けたいのが、分譲マンションの場合となります。

壁や天井、床などを一枚挟んだ空間が殺人現場なんていうのは、流石に住む気がしないでしょうから、過去の新聞記事などをしっかり調べてから、購入の意思を決定しましょう。

スポンサーリンク

 

嫌悪施設まとめ

さて、ここまで見て来た様に、一見問題のない施設や、むしろプラス要素になりそうな施設が、実は住環境に大きな影響を及ぼすケースは少なくありません。

物件の購入意思決定の前には、近隣への聞き込みはもちろん、休日や夜間の様子を見に行くなど、想像力をフルに活用して危険な臭いを嗅ぎ分ける能力が必要となるでしょう。

気が付かなかったでは済まされない、隠れた嫌悪施設に充分に気を付けながら、夢のマイホームを手に入れたいものです。

ではこれにて、不動産の嫌悪施設について解説する知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います!