不動産会社就職先の選び方

 

先日の記事にて、「不動産会社面接合格のコツ」についてお話致しました。

そして自分で書いておきながら「この様な記事に興味がある方はおられないかな?」とも思っていたのですが、意外に多くの反響を頂き、正直驚いていました。

またそれと同時に「就職先としてどの様な不動産会社を選ぶべきなのか?」という質問も多数頂きましたので、今回は就職に適した不動産会社の選び方についてお話したいと思います。

では早速、不動産会社就職先の選び方に関する知恵袋を開いてみましょう。

スポンサーリンク

 

不動産会社にも様々なタイプがある

さて、就職に適した会社といっても、不動産業には様々な業態がありますから、一言でこの質問に答えるのはなかなか難しいものがあります。

不動産屋さんの業態としては、売買であれば「仲介メイン」、「建売屋さん」、賃貸であれば「客付けメイン」、「賃貸管理メイン」のおおよそ4パターンに分類出来ますから、まずは簡単にその業務の違いを見て行きましょう。

 

売買・仲介メイン

売買系不動産業者で最も数が多いのが、このタイプの不動産屋さんです。

その名の通り、売買の仲介がメインの仕事となっていますから、広告を打って購入者を募集したり、現地販売会などを開催するなどしてお客を募ることになります。

売りたい方、買いたい方、どちらも一般の方がお客さんとなりますから、高い接客能力が求められるでしょう。

最近では仲介をメインとした不動産会社を舞台にしたドラマなども放映されていましたので、そのイメージも掴みやすいことと思います。

(売買仲介会社の詳細は過去記事「不動産売買の仕事内容・流れを知ろう」をご参照下さい)

 

売買・建売屋さん

もう一つの売買系不動産屋さんが、建売業者と呼ばれる職種です。

仕事内容としては土地の仕入れを行い、建物を完成させた上、販売を完了するのが主なものとなります。

もちろん販売も重要な仕事となりますが、基本的には建売屋さんが自ら販売活動を行うケースは少なく、「仲介メイン」の不動産業者に委託することが多いですから、最も接する相手は不動産業者となるのが特徴です。

但し建築に際しての近隣住民へのクレーム対応や、建築屋さんとの打ち合わせなどもありますので、やはりコミュニケーション能力は必要不可欠なものとなるでしょう。

(建売会社の詳細は過去記事「建売会社を取り巻く現状について」をご参照下さい)

 

賃貸・客付けメイン

お客さんを賃貸物件にお連れし、お部屋を決めるのがこちらの業態となります。

皆さんが「不動産の営業マン」と聞いて、パッと頭に浮かぶイメージはこの職種が一番近いものとなるはずです。

そして「如何に上手くお客様に物件を勧めるか」が鍵の仕事となりますから、高い営業力が必要となります。

よって、向いている人には非常にやり甲斐がある反面、向いていない人には辛いという、就職する方の適性が問われる業態と言えるでしょう。

(賃貸会社の詳細は過去記事「賃貸契約の流れを解説いたします!」をご参照下さい)

 

賃貸・管理メイン

客付けメインの会社が「賃貸物件を決める」ことが仕事であるならば、管理会社は決める対象の物件を維持管理し、契約を取り仕切るのがお仕事となります。

何時、お客さんがお部屋を見に来ても良いように、物件を巡回したり、オーナーさんとの折衝、退去が発生した際の立会いや、新規契約・契約更新などが主な業務となるでしょう。

客付けメインの仕事が来店したお客さんとの「一期一会」の付き合いであるのに対して、管理会社は入居者やオーナーさんと長い付き合いをして行かなければならないのが特徴となります。

スポンサーリンク

 

業態別、働きやすい会社の選び方

さてここまでのお話で、不動産業の主な業態をご理解頂けたことと思いますので、ここからは各業種ごとに就職に適した会社の選び方についてお話してみたいと思います。

 

売買・仲介メイン

売買仲介メインの会社では、当然ながら「月に何件の契約を行ったか」などのノルマを課せられるのが常です。

そして会社によっては、数字が上がらない者に対して、上司から厳しい叱責が与えられることも少なくありません。

近年ではブラック企業が問題になっておりますので、以前ほどの苛烈さは無いものの、やはり数字が上げられない営業マンには非常に辛い職場となるでしょう。

また、「他人と競い合うのがそもそも苦手・・・」という方には、少々荷の重い環境となるかもしれません。

こうした適性面で問題がなく、売買仲介の会社に勤めたいというのであれば、所謂大手の不動産仲介会社か、中小企業でも離職率の低い会社がおすすめとなります。

大手不動産業者では、近年労働条件面でもかなりの改善がなされているようですし、大手の看板により「買い手」、「売り手」共にお客が集めやすくなっていますから、営業成績も上げやすいはずです。

一方、中小企業ではまだまだ前時代的な体制の会社も少なくありませんが、一人の社員が長く勤められる会社であれば、ブラック企業である確率は低くなるでしょう。

とは言え、外観から離職率の高さや勤続の長さを見極めるのは困難ですから、一度はお客のフリをして営業マンとコミュニケーションを取ってみるのも良い方法だと思います。

(売買仲介営業マンの仕事内容は過去記事「不動産営業マンの一日ってはどんな感じ?(仲介会社編)」をご参照下さい)

 

売買・建売屋さん

建売屋さんにも大手と中小がありますが、現在は圧倒的に大手に勢いがあるのが現実です。

また、大手であれば仕事のノウハウも学び易いでしょうし、それなりの労働条件も整っているものですが、「将来的に独立」を考えているのであれば、よりコアな経験が積める中小の建売屋さんがおすすめでしょう。

但し、業界経験の無い方が中小の建売屋さんに就職すると、「全く土地の仕入れが方法が判らない」なんて事態にも陥りかねませんので、

こうした企業を狙うのであれば、一度は仲介メインの会社で経験を積んでからの方が無難だと思います。

中小の建売屋さんの場合、仕入れから現場管理、販売まで一人でこなすこととなりますから、不動産業者としての実力を付けるには最適な環境なのですが、その分、求められるスキルも高いものとなるという訳です。

なお就職先として有利な中小の建売会社の選び方としては、会社自体が土地仕入れに関して「強力なルート」を持っている企業がおすすめとなります。

近年はどこの建売屋さんも仕入れに相当な苦労をしていますので、「銀行に強烈なコネを持っている会社」や「弁護士・税理士等と強い繋がりがある」など、盤石な仕入れルートを持った企業でなければ今後の生き残りはかなり厳しいはずです。

「そんなの何処で見分ければ・・・」とも思いますが、仲介メインの会社で何年か仕事をしていれば、こうした情報も自ずと仕入れられることでしょう。

(建売屋さん社員の仕事内容は過去記事「不動産営業の仕事内容!建売屋さん編」をご参照下さい)

 

賃貸・客付けメイン

こちらの業態では、テレビCMなどを大々的に行っている会社さんが数多くあります。

もちろんCMを流す程ですから、それなりの規模の企業であり、雇用条件も「それなりの働きやすさ」となっているようですが、問題は中小企業の場合でしょう。

他の業態に比べ、賃貸客付けメインの会社はとにかく企業数が多く、評判の悪い会社も少なくないのが現実です。

そこでまず指標となるのが、「設立からどれだけ期間を経た会社であるか」ということになります。

賃貸メインの会社の場合、設立してあっと言う間に廃業なんてケースも少なくありませんので、それなりの歴史がある企業を選ぶのはひとつのテクニックとなるでしょう。

また、支店を多く持っていれば、従業員の扱いにも慣れているはずですから、こうした企業に狙いを絞ればブラック企業を回避出来る確立が高まるかと思います。

因みに、近年では「ネットの反響を利用しての集客」がメインとなって来ていますので、ネット広告に力を入れている会社ですと数字が上げやすくなると思います。

(賃貸客付け業者の仕事内容は過去記事「賃貸営業マンの仕事内容をご紹介致します!」をご参照下さい)

 

賃貸・管理メイン

賃貸管理のみを専業で行っている企業というのは意外に珍しく、前の項でお話した「客付け仕事」を同時進行で行う会社が多いでしょう。

但し、同時に二つの仕事を行うとなれば、どうしても『客付けに力を裂く』こととなるでしょうから、管理の仕事を専属でやりたいという方は、数少ない管理専業業者の募集を見付け出さなければなりません。

なお、「管理専門の業者での仕事」は他の業態とは大きく異なるものとなり、建築関連の知識が必要であったり、大家さん・入居者からクレーム処理など専門性の強い業務となるはずです。

また、お客さんと揉め事に発展することも少なくありませんから、気軽に弁護士に相談が出来るなど、バックアップ体制が整った会社がおすすめとなります。

そして、賃貸借契約やビル管理のスペシャリストになれる業種ですので、一度経験しておくと、他の賃貸系不動産業者への転職が非常に有利となる上、不動産投資・アパート経営にも役立つ知識が得られることでしょう。

(管理会社社員の仕事内容は過去記事「賃貸管理会社の仕事内容をご紹介致します!」をご参照下さい)

スポンサーリンク

 

就職する不動産会社の選び方まとめ

さて、ここまで見て来た通り、不動産会社には様々な種類があり、業態ごとに会社の良し悪しが存在するものです。

今回の記事を参考にして頂ければ、「こういう会社を選ぶべきだ!」という、おおよその判断を付けることが出来るかと思います。

ただ、実際に勤め始めてみたら「考えていた会社と全然違った・・・」というケースもあるでしょから、こうした場合には迷わず会社を替えることも視野に入れましょう。

不動産屋さんに勤める多くの方は、自分のスタイルにあった会社を求めて勤め先の変更を繰り返すものですし、

仕事の目的は同じでも「会社によって業務の進め方が大きく異なる」場合も多いため、自分に適した職場を探し求めることは決して悪いことではありません。

因みに悪徳業者などに長く勤めていると、例え自分が悪くなくても周りの業者から反感を買ってしまい、転職後も仕事がやり辛くなる可能性もありますから、この点は大いに注意が必要でしょう。

よって不動産業界への就職に当たっては、自分を一つの商品と考え、常に自分にプラスになる職場を意識して会社を選ぶことが何よりも重要なのです。

ではこれにて、不動産会社就職先の選び方を解説する知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。