賃貸営業マンの仕事

 

一言で「不動産の営業マン」といっても、様々なタイプの仕事があるものです。

以前の記事では、売買仲介の営業マンと、建売屋さんの営業マンの仕事内容についてお話して来ましたが、その他にもまだまだ職種はあるもの。

そしてその中でも、代表的なものと言えば「賃貸の営業」と「管理会社の営業」の二つが挙げられるでしょう。

そこで本日は、賃貸営業(客付け業者)の仕事にスポットを当ててみたいと思います。

では賃貸営業マンの仕事内容に関する知恵袋を開いてみましょう。

スポンサーリンク

 

賃貸営業のお仕事

賃貸のお仕事の中でも、「お部屋を探しているお客様を見付け、他の不動産会社が管理をしている物件を決める」仕事をしている者を『客付け業者』と呼びます。

なお賃貸取引の裏側については、過去記事「賃貸仲介の仕組みを知り、投資を有利に進めよう! 」の中でご説明しておりますので、更に詳しいことをお知りになりたい方は、そちら記事をご覧下さい。

この様に「お部屋探しのサポートをする仕事」ですから、客付け業者の店舗はなるべく目立つ駅前などに在ることが多く、店内の内装も、働く社員たちもスタイリッシュな印象を受ける会社が多い様です。

一昔前までは、来店のお客様を少しでも多く獲得するために一階の路面店にこだわる業者が多かったものですが、近年ではインターネットを利用しての集客をメインとする会社も増えており、雑居ビルの2階、3階などで営業をする店も増えて来ているとのこと。

そして、客付け業者が売り上げを伸ばすためにまず行わなければならないことは、「部屋を借りたいお客さんの顧客情報を少しでも多く獲得すること」になりますから、これはなかなかにシビアな世界です。

不動産業者同士も様々な媒体に広告を打ち合い、顧客確保の競争に明け暮れておりますし、会社の中でも営業マン同士が凌ぎを削っているところが多いでしょう。

また、社員の給料形態も固定給であることは稀で、ある程度の固定給を除いては、売り上げをベースにした歩合給で給料が支払われるのが通常です。

世間的に賃貸の営業は、「チャライ」「派手」といったイメージを持たれがちな職業かもしれませんが、それなりのスキルが無くては勤まらない仕事である上、

安定した売り上げを確保するには水面下での努力も必須となりますから、見た目とは裏腹にストイックな方が多い印象があります。

では、そんな賃貸の営業マンたちが、普段どんな業務をこなしているのかを具体的に見て行きましょう。

 

日常の業務

客付けメインの仕事をしている営業マンが最も力を注がなければならないのは「お客さんの確保」とお話致しましたが、これと並んで重要なのがお客様をお連れする物件情報の取集です。

不動産会社には、レインズ・アットホームといった業者間のみで空室情報を共有出来る媒体がありますので、こうしたシステムを駆使しての情報収拾はもちろん、

これまで取引をしたことがある管理会社を巡り、情報媒体掲載前の未公開情報を獲得してくることも重要な業務となるでしょう。

そして物件情報が集まったなら、次は手持ちのお客さんへの情報提供を行わなければなりません。

これまで来店や、ネットの反響で確保したお客さんの中で、見合った物件が見付からず「見付かり次第連絡する約束」になっていた方々へ物件情報を伝える作業(追客・ついきゃく)を行っていく訳です。

以前は、電話やFAXでの情報提供が主流でしたが、今ではメールやラインでのやり取りが主流となり、かなり作業効率も向上しているとのこと。

また、遠方からのお問合せで実際のご案内が出来ないお客様には、画像や動画を撮影してお部屋を見て頂くこととなりますから、平日にはこうした作業も加わって来ます。

なお、私が賃貸の営業マンをしていた時、売り上げで決して及ばなかった先輩は、自分なりのご案内用お部屋リストを平日の暇な時間に作成していました。

そのリスト内容は、間取りごと(ワンルーム、2LDKなど)のおすすめ物件や、問題があって決まり辛いお部屋がズラリとリストアップされいるという代物。

先輩曰く、良いと思う部屋ばかりみせるとお客は迷ってしまうため、敢えて問題を抱える部屋を織り交ぜながら紹介していくのが、成約率アップのコツであると話していました。

営業マンの日常の業務では、こうした成約に向けての地味な努力を重ねることが多いはずです。

スポンサーリンク

 

接客・ご案内

さて、土曜日や日曜日・祝日ともなれば、これまでメールなどで物件をご紹介して来たお客さんのご案内や、新規来店のお客様などで、賃貸会社の店舗は一気に繁忙期を迎えます。

どこの会社も無駄に人員を配置してはいませんから、平日にアポを取ったお客さんとの約束を掻い潜りながら、新規のお客さんへの対応を行ったりとなかなかの忙しさとなるはずです。

また2月・3月などは、入学、就職に向けてのお客さんが急増する時期ですから、昼食を食べる暇どころか、座る暇さえない週末も当たり前の状況となるでしょう。

なお物件の案内に関しては、管理会社に物件が決まっていないことを確認した上、FAXで名刺を送付して、鍵の在処を教えてもらうという手順で進めていきます。

殆どの物件は、現地にキーボックスと呼ばれるナンバーロック式の鍵保管器具を設置しているのですが、中には物件から遠く離れた場所にある管理会社で鍵を保管している場合もあるので注意が必要です。

お客さんがどうしてもその物件が見たいと言えば、時間を大幅にロスすることを覚悟しながら、鍵を取りに行くしかないのですが、キャリアを積んだ営業マンなら、そもそもこうした効率の悪い物件はお客に紹介しないという者も少なくありません。

こんなお話をすると「紹介さえしないのはちょっと酷い!」と思われてしまいそうですが、「土日の限られた時間で、如何に効率良く成約していくか」を考えれば、これは実に効果的な手法ですし、

手間の掛かる物件を避けながらも、お客様にご満足頂ける物件をご紹介出来るのは、営業マンとしての手腕と日々の物件探しの努力の賜物ですから、これは決して非難される行為ではないのです。

さて、実際にお客様を物件にお連れしたら、後はご説明をしながらお部屋を見て行きます。

なお、その際の「接客スタイル」は人それぞれで、しゃべり倒す者、殆ど無駄口を聞かない者など様々なですが、この限られた時間でお客様との人間関係を上手く作れる者は総じて営業成績が優秀な傾向にあるようです。

そしていくつか物件を見て歩く中、お客様が申込みの意思を固めれば、直ぐに管理会社に連絡を取り、申し込みの意思を伝えます。

因みに申込書には管理会社ごとの書式がありますから、現地からや帰り道の途中に連絡を入れ、雛形を事務所に送ってもらうのが良いでしょう。

事務所に帰ったら、即座にお客様に申込書に記入をしてもらい、折り返しで管理会社へと送信します。

その後は管理会社の審査結果待ちということになりますが、無事に審査を通過すれば、契約に必要な費用や持ち物のご案内をした上で、お客様と契約の日時を決めれば、仕事はほぼ終了です。

以前は、契約に際しても管理会社まで同行する客付け業者が多かったのですが、近年ではお客様一人で契約に行ってもらうのが通常となります。

最後に報酬である仲介手数料をお客様に振り込んで頂き、次の成約を目指して再び活動を開始することとなるのです。

スポンサーリンク

 

賃貸営業マンまとめ

さて、ここまで賃貸営業マンの仕事内容を見て参りました。

記事を読まれた方によってこの仕事の印象は様々でしょうが、私的にはなかなか厳しい仕事であると考えています。

お客さんの動きは時期によって、また日によってもマチマチですから、こうした環境で安定した売り上げを確保するのは正に至難の技であるのは間違いありません。

また、華やかな見た目に似あわず、平日は業者周りに、物件の案内経路の確認、そして物件の下見など、地味な作業も少なくないのが現実です。

因みに「出来る営業マン」ともなれば、賃貸でも同年代の異業種営業マンの倍近い収入を得ることも出来ますから、ご興味がある方は是非、不動産屋さんの門を叩いてみては如何でしょうか。

ではこれにて、賃貸営業マンの仕事内容をご紹介する知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。