駐車場契約の流れ

 

以前、「居住用賃貸物件の契約の流れ」についてご説明する記事を書かせて頂きましたが、この記事を読まれた方から『駐車場についての記事も書いて欲しい』とのご要望を頂きました。

駐車場の契約となれば、未だにオーナーさんが個人で使用者を募集している姿も見受けるくらいですから、あまり疑問をお持ちの方はおられないと思っていましたが、実情はそうでもないようです。

確かに、同じ賃貸物件でもお部屋と駐車場ではかなり勝手が違う点もありますし、売買をメインにお仕事をされて来た不動産屋さんにとっては未知の世界かもしれませんので、敢えてこれを記事にしてみることに致しました。

普段から駐車場管理をされておられる業者さんには物足りない記事かもしれませんが、お付き合いをお願い出来ればと思います。

では早速、駐車場契約の流れを解説して参りましょう。

スポンサーリンク

 

駐車場契約の特徴

さて、契約までの流れをお話する前に、一般の賃貸物件と駐車場の違いについてご説明してみたいと思います。

まず前提となるのが、駐車場は借地借家法の適応を受けない賃貸物件であるという点です。

通常の貸室賃貸ですと、借地借家法にて様々なルールが定められていますから、「貸主が解約を迫るのには正当事由が必要」だったりしますが、駐車場ではこうした煩わしい心配は不要となり、契約書の内容も自由に取り決めることが出来ます。

因みに駐車場の契約に借地借家法が適応されないのは、土地を貸すのではなく、「駐車施設を貸し出すため」という理由ですから、未舗装・未線引きの駐車場を貸す場合などには「借地借家法の対象」とみなされるケースもあるので注意しましょう。

また、駐車場は宅地建物取引業法についても適応対象外ですから、仲介に不動産業者が入る場合にも重要事項の説明は不要ですし、宅地建物取引士や不動産の免許さえ必要ありません。

そうなれば、仲介手数料も取り放題ということなりますが、駐車場だけに賃料も安いですから、結局は取れても賃料の一ヶ月が関の山となるでしょう。

更にお部屋などとは異なり、オーナーさんが個人で募集をしてもそれ程リスクが無い(実はリスクもあるのですが)ため、駐車場の管理を任されてもオーナーからは広告宣伝費がもらえないのが通常です。

よって、駐車場仲介の収入はお客さんからの仲介手数料、賃料の一ヶ月分のみということになります。

そんな状況で問題となるのが、駐車場の募集看板を見た不動産屋さんから、お客を付けさせて欲しいと頼まれた時です。

広告宣伝費を大家さんからもらえない以上は、お客からもらう仲介手数料を折半するしかありませんが、地域によっては報酬が数千円となってしまうこともあるでしょう。

こうした事情から、管理駐車場の「業者による客付けは禁止」、若しくは「手数料なしでお願いする」という商慣習が生まれていったようです。

但し、駐車場の近くで「家を買われた方」や、「賃貸のお部屋を借りた方」の仲介をした業者さんは、お客に頼まれれば「報酬がもらえない事情」を承知の上でも駐車場の空を探さざるを得ませんから、

『報酬なしでも構わない』と前置きして、問い合わせをしてくることも少なくありません。

スポンサーリンク

 

駐車場成約までの流れとポイント

さて、駐車場を取り巻く現状をご理解頂けたところで、駐車場契約の流れについて見て行きましょう。

 

募集・申込み

既に申し上げた通り、駐車場の募集では大きな利益を上げることは出来ませんので、アットホームなどで経費を掛けて使用者の募集を行うことはまずありません。

そこで行われる主な広告活動が、現地に募集看板を掲げるという方法となります。

なお看板を見たお客様から連絡が入れば、賃料や敷金を提示して、即契約に進むことが通常です。

しかしながら、近年では駐車場契約でのトラブルも増えつつありますので、申込書を書いてオーナーさんの審査を行ったり、連帯保証人の擁立、賃貸保証会社の加入などを義務付ける管理会社も増えているとのこと。

 

契約・引渡し

こうしたプロセスを無事にクリアーすれば、いよいよ契約の段階に話は進みます。

重要事項の説明などもないため、郵送で契約を済ませる業者さんも多い様ですが、相手の人となりを確かめる意味でも直接会っての契約がおすすめです。

因みに契約書の内容については、後日「駐車場契約書と特約の内容を解説致します!」という記事にて解説させて頂くつもりですので、そちらをご参照下さい。

なお、契約期間については自動更新、もしくは一年間というのが通常ですが、管理会社として更新料は貴重な収入源なので、1年契約とする会社が多いようです。

また、車庫証明の発行などを求められる場合がありますが、こちらも有料としている管理会社さんが多いでしょう。

発行手数料は数千円が相場となっていますが、中には1万円以上の費用を請求する会社もあるようです。

そして契約が完了すれば、後は普通に駐車場をご利用頂くこととなります。

 

退去・解約

駐車場では、通常のお部屋以上に使用者の入れ替わりが激しいものとなります。

しかし、退去立会いなども不要となりますから、退去業務自体は非常に手が掛からないものとなるでしょう。

また、契約において敷金を預かっておけば、契約最終月の賃料を敷金と相殺することにより、退去時の賃料精算も行わずに済ませることが可能となりますから、こちらもお勧めの方法です。

スポンサーリンク

 

駐車場契約まとめ

さて、以上が駐車場契約の流れの解説となります。

色々な意味であまり手間の掛からない駐車場の契約ですが、通常のお部屋の賃貸とは異なる点も少なくありませんので注意が必要でしょう。

また不動産屋さん以外の方にも、「自宅の空地などを利用して、駐車場経営を始めてみようか」というオーナー様には、本記事をご参考にして頂ければ幸いです。

ではこれにて、「駐車場契約の流れを解説致します!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。