アスベストの見分け方

 

ひと昔前まで当たり前に食されていた食物や、生活用品に使用されていた原料が、後になって「健康上問題がある!」なんて指摘を受けることがありますよね。

食品添加物などに関しては、近年になってぞくぞくと「有害物質が含まれていた」などの報告がなされていますし、医薬品などに関してもこの手の話題が途切れることがないのが現実です。

また建築や不動産の業界においても、建築部材に含まれるホルムアルデヒドなどの化学物質が、シックハウス症候群を引き起すといったニュースを耳にしたことがあることでしょう。

しかしながら、近年大いに世間やマスコミを騒がせた話題と言えば、何といっても建物に使用されているアスベスト(石綿)の問題に他なりません。

そこで本日は、「アスベストの見分け方や、使用物件を見抜くコツをお教えします!」と題して、大いに気になる石綿の問題について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

アスベストとは?

近年何かと耳にすることの多い「アスベスト」や「石綿」などといった言葉ですが、その正体や性質について詳しくご存じの方は意外と少ないと思われますので、まずはこの点からご説明を始めさせて頂きましょう。

アスベストが人体に害をなす物質であるということは誰でもご存じでしょうが、「有害物質」なんて言葉を聞くと『化学物質』をイメージされる方も多いかと思われます。

しかしながらアスベストは、元々自然界に存在している物質であり、その正体は蛇紋石や角閃石といった鉱物から採取される繊維状の物質を指す言葉です。

「鉱物なのに繊維状」というのは非常に不思議な感じも致しますが、先に挙げた石を割った際には、その断面に非常に目の細かな糸状のものが顔を覗かせるといいますから、『自然の作り出す神秘的な物質』としか言い様がありません。

そしてこのアスベスト、繊維状でありながらも高い耐火性能と耐久性を兼ね備えており、古来より「燃えない不思議な繊維」として人々から珍重されて来たのです。

やがて時代は下り、近代に入ると、このアスベストは電気製品の材料や建築部材として利用されるようになり、我が国でも一時期は「アスベストを使用していないと、建築の許可が下りない」という種類の建物まで存在していたといいます。

こうして世間で広く使用される様になっていた石綿でしたが、その繁栄の歴史に大きな影を落とす事件が発生します。

それは1973年にアメリカで起こされたアスベストメーカーに対する訴訟であり、裁判所はアスベストの健康被害を認定し、メーカー側に損害の賠償を命じたのです。

この事件を切っ掛けに、アスベストショックとも言うべき訴訟ラッシュが起こり、日本もこのトレンドに巻き込まれていくこととなります。

なお具体的なアスベストの危険性については、空気中に漂う飛散繊維を吸い込むことで、肺がんなどを発生させるというものであり、我が国でも時代の流れと共に何度かアスベスト使用に関する法改正がなされて行ったのです。

 

年代である程度の予想を

ここまでお話して来たアスベストの解説を聞けば、この物質の恐ろしさを改めて認識させられるのと同時に、「果たして自分が住んでいる家は大丈夫なのか?」、「この前購入した投資物件には使用されていないのだろうか?」という不安が湧き上がって来ますよね。

そんな不安を解消する第一歩としてご紹介したいのが、「アスベストの使われ方」と「使用に係る法規制」のお話となります。

既にお話した様に、アスベストは飛散した細かな繊維を肺に吸い込むことにより、健康被害を生じさせる危険物質です。

また実は過去には、「水道水の中に大量のアスベストが溶け込んでいた」なんて事件もあったのですが、口から食道、胃や腸を通過しても『人体に害はない』との判定がなされており、警戒するべきは「肺に吸い込む」という一点のみとなります。

そして、建築におけるアスベストの使われ方を見てみると、大きく分けて「直接吹き付け」と「部材へ混ぜ込み」の二つの方法が主流となっており、それぞれの使用方法に段階的な法律上の規制が行われて来ました。

まず最初に行われたのが、最も危険性が高いとされる吹き付けアスベストについての使用禁止措置であり、これが昭和50年となります。(但し含有料5%未満の吹付は規制対象外)

またその際、5%以上のアスベストを含んだ建材の製造も禁止となりました。

続いて平成7年には1%以上のアスベストを含んだ製品が製造出来なくなり、平成18年に0.1%まで規制が引き上げられたのです。

この経緯から判ることは、昭和50年以前の建物には大量にアスベストが含まれている上、飛散の危険性が高い「吹き付け」がなされた物件も数多く存在しているということです。

昭和51年以降も含有料5%未満の吹き付け工事は行われていましたが、昭和62年までには全面禁止となりましたから、昭和50年~62年までは「吹き付け」に注意が必要ということになります。

そして63年以降は、石膏ボードやサイディングなどに混ぜ込まれたアスベストのみが心配ということになりますが、こうした状態の石綿は解体工事などで破壊される意外に飛散の恐れは少ないですから、少々安心感が出て来ますよね。

更に平成18年以降であれば、最早アスベストは不使用(0.1%以下)とも言える状態となりますから、全く問題がないということになります。

よって平成以降の建物であれば、住んでいるだけで健康被害が出ることは「まず無い」と言えるでしょう。

ただ、アスベストを含んだ部材が使用された建物を解体する場合には、飛散を避けるために様々な措置を行う必要がある上、

吹き付けアスベストの撤去ともなれば費用も膨大となりますから、中古物件を買う際などには、こうした年代によるリスク判定と並行して、専門家による鑑定も行うのが賢明です。

スポンサーリンク

 

吹き付けアスベストの見分け方

さてここからは、素人でも出来るアスベストの簡易鑑定方法をご紹介して参りましょう。

まず申し上げたいのは、部材に混ぜ込まれたアスベストについては、外見からの判断は非常に難しいという点です。

アスベストの繊維は意外に大きいため、砕いた部材の断面を顕微鏡などでみれば、アスベスト特有の束状になった繊維を確認出来ることもありますが、これだけで判断するのはかなり危険な行為となります。

よって確実な判定をしたいならば、部材の品番等を基にメーカーなどに確認するのが賢明でしょう。

これに対して、吹き付けアスベストについては、素人でもある程度の判断が可能です。

但し、ここでご紹介する方法はあくまでも簡易的な判定法となりますから、参考程度に考えて頂く様にお願い致します。

実はここまでお話して来た吹き付けアスベストに「非常に良く似た物質」が存在しているのですが、こちらは健康被害が確認されていないため、今でも多くの建物に利用されています。

その物資とは「ロックウール」と呼ばれるもので、アスベストと同様鉄骨などに吹き付けることで耐火性を高めたり、断熱材として利用されているのです。

そして、この「ロックウール」と「アスベスト」の吹き付けは、見た目には殆ど区別が付かず、「ロックウールだと思ったらアスベストだった!」なんてトラブルも少なくありません。

こんな際に便利なのが、これからご紹介する二つの方法です。

 

指で砕いてみる

吹き付けられた綿を、指で剥ぎ取り、指先でコロコロと転がしてみる方法です。

ロックウィールの場合は、粉々に砕けてパラパラと粒上になりますが、アスベストの場合はあまり変化がなく、繊維の状態を維持します。

 

酢を掛けてみる

こちらも指でサンプルを取るまでは一緒ですが、これに酢を掛けるという方法です。

ロックウールの場合には、酢の酸によって溶け始めますが、アスベストの場合は溶けることなく、酢を吸収してゲル状に変化します。

 

以上二つの方法が、その場で簡易的に行える判断方法です。

投資物件の下見に行った際などに、怪しい吹付を見付けたら是非試してみて下さい。

但し、指でサンプルを取った際に粉塵を吸い込む危険性がありますので、この点には充分にご注意頂きたいのと、あくまで簡易テストである点をご理解願います。

スポンサーリンク

 

アスベストまとめ

さてここまで、アスベスト被害の概要や、簡易的な見分け方などについてお話して参りました。

築年数の古い中古戸建や、収益物件の購入を考えている方は、是非ともアスベストに対する知識を身に付けて頂きたいところです。

なお、改めて年代別の判定法を整理してみますと、昭和50年以前の建物のアスベストリスクは非常に高く、以降昭和63年までは中程度(部材に含まれたものは解体しない限り飛散しないが、一部で含有量の低い吹付が存在する可能性が有り)、

そして平成元年から平成17年までは低リスク(吹き付けはまず無く、部材の含有量も低い)となり、平成18年以降はノーリスクということになります。

因みに、これは「確実に」とは言えませんが、私の経験上アスベストが使用されている可能性が最も高いのが鉄骨造の建物であり、続いて多いのがRC造の建物です。

そして最も確率が低いのが木造住宅となりますから、こうした傾向も覚えておくと便利かもしれません。

アスベストに対して正しい知識を身に付け、リスクのない不動産売買や管理を行いたいものですよね。

ではこれにて、「アスベストの見分け方や、使用物件を見抜くコツをお教えします!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。

 

出典 ロックウール工業会HP