コンセプトシェアハウス

 

現在、新たな不動産投資のジャンルとして人気を博しているのが、シェアハウスの運営です。

シェアハウスとは、社員寮や邸宅などを改築し、小さく区切ったお部屋を入居希望者に貸出すというもの。

そしてキッチンやリビングなどを共有部分として解放することにより、入居者同士が活発にコミュニケーションを図ることの出来る「共同生活型の賃貸物件」となっているのです。

またシェアハウスは、通常の賃貸アパートやマンションに比べ、賃料設定が安価なことに加え、一人暮らしよりも刺激的な生活が送れるなどの理由から、若者たちを中心に人気を博しておりますし、

オーナーサイドとしても同じ面積の建物でより多くの収益を上げられるとのことで、投資対象としても魅力的なものとなっています。

以前に書いた「シェアハウスで不動産投資を行おう!」という記事では、その運営方法などについて詳しく解説させて頂きましたが、今回は近年注目を集めているコンセプトシェアハウスの経営」について考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

何故コンセプト化が必要なのか?

さて、ここまで記事をお読みになられた方の中には、「そもそもコンセプト化って何?」とお思いの方も少なくないはず。

過去記事「コンセプト賃貸マンションで、高い収益性を確保しよう!」でもお話し致しましたが、現在の賃貸市場は物件の供給過多により、「お部屋が余った状態」となっているのが実情です。

そして、こうした状況下において物件の空室率を低下させる方策とされているのが、物件自体に「高い付加価値」を持たせることとなります。

そんな「付加価値向上法」の一つとして注目を集めているのが『コンセプト化』という手法であり、お部屋の中を他の物件では類を見ない「和モダン」の内装としてみたり、建物全体を防音構造とした「楽器演奏推奨アパート」などがその代表例となるでしょう。

もちろん「シェアハウス」という物件の形態自体も、ある意味で強烈な『コンセプト化』と言えなくはありませんが、近年では物件数も増え始めていますから、

競合物件との更なる差別化を図るため、「同じ趣味を持つ者や、同じ目的の人間が集まる」という更なるコンセプト化を進めたシェアハウスが増えつつあるのです。

 

様々なコンセプト系シェアハウス

では実際に、どの様なコンセプトシェアハウスが人気を博しているのでしょうか。

この項では、その具体例をご紹介して行きたいと思います。

 

婚活型シェアハウス

真剣に結婚相手を探している男女に入居者を限定したシェアハウスの形態となります。

近年の婚活ブームなどの影響もあり、今非常に人気のあるタイプの物件と言えるでしょう。

賃料については男性客はやや高め、女性客には格安な賃料設定を行うことが成功の秘訣であるようです。

また、冷やかしのお客を防ぐため、独身証明書の提出を義務付けるなどの工夫を行っている物件もあるようです。

 

学生寮型シェアハウス

長期に渡る日本経済の低迷は、大学生たちの生活にも大きな影響を及ぼしていると言われています。

大学などの近くにある賃貸アパートは、これまで空室で悩まされることが殆どありませんでしたが、近年では「大学が格安の学生寮などをオープンした」などの理由で大変な苦戦を強いられているのが実情です。

こうした状況から考え出されたのが、学生寮型のシェアハウスとなります。

なお同じ大学に通う学生に住人を限定することで、シェアハウスの入居に抵抗がある方の不安を軽減することが出来ますし、同じ大学の仲間ということで揉め事などのトラブルも減少するでしょうから、管理する側にもなかなか嬉しいシステムとなるはずです。

シェアハウスならではの安価な賃料設定は、大学が用意する寮と比べても充分な競争力がありますから、非常に安定した物件運営が可能となるでしょう。

スポンサーリンク

 

趣味型シェアハウス

音楽好きや、ペット好きなど、趣味による縛りを加えたシェアハウスとなります。

楽器演奏が趣味な方や、ペット好きな人は、一般の賃貸物件ではなかなか受け入れてもらえないのが実情です。

その点、同じ趣味を持つ者同士が集まることにより、「肩身の狭い思いをしなくて済む」というのは非常に大きなセールスポイントとなるはず。

また、同じ趣味を持つ者同士ならではの情報交換や、音楽系の物件であれば空いた時間にセッションを楽しむなど、コミュニティーとして大きな広がりを見せる可能性があるでしょう。

音楽・ペット以外にも、スポーツやアニメなどのサブカルチャー系、アウトドアに料理好きなど、アイデア次第で様々なコンセプト化が行えるはずです。

 

ビジネス系シェアハウス

シェアハウスというと「居住用」というイメージが強くなりますが、ビジネス系のものも人気を博しています。

例えば、SOHO(在宅ワーカー、フリーランス)の方にとっては、インターネットはもちろん、共用部分に事務機器が揃った環境は非常に魅力的なはずです。

また、同じく起業を目指す仲間と情報交換が出来たり、交流が楽しめるのは、嬉しい限りなのではないでしょうか。

更には、単身赴任者専用のシェアハウスも人気を博しており、一人暮らしの寂しさから解放されるばかりか、赴任して来たばかりの慣れない場所での友人作りの場としても活用されているようです。

 

国際交流型シェアハウス

近年では、外国人もかなり賃貸物件を借りやすい状況となっておりますが、入居を断られるケースもまだまだ少なくありません。

そうした方々の受け皿としても人気が高い様ですし、オリンピックを前にしての「民泊」としてもニーズは急上昇となるはずです。

但し、外国語が話せるスタッフの手配に、生活習慣の違いによるトラブルなども予想されますから、運営に乗り出すには少々覚悟が必要かもしれません。

スポンサーリンク

 

コンセプト系シェアハウスまとめ

さてここまで、コンセプトシェアハウスについてお話をして参りました。

既に運営されているスタイルだけでもこれだけの種類がありますから、まだまだその裾野は広がりを見せそうですよね。

また、各種のシェアハウスを見て行くと、それぞれが非常にオリジナリティーに富んだものとなっていることに気付かされるはずです。

今後、こうしたシェアハウス同士の生存競争は更に激化することが予想されますから、これから運営をスタートしようという方は、じっくりとアイデアを練った物件を考えていく必要があるでしょう。

難しいからこそに夢が広がるコンセプトシェアハウスの経営を、この機会に真剣にご検討されてみては如何でしょうか。

ではこれにて、「コンセプトシェアハウスの経営について考えます!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。