老後はマンション賃貸

 

ある一定の年齢を過ぎると、気になり始めるのが老後のライフプランなのではないでしょうか。

若い内は、「何時までも現役で仕事をこなそう!」という強気な気持ちでいられるものですが、年齢を重ねて大きな病気などを経験すると、これから老いていく自分の未来に不安を感じてしまう方も多いようです。

一昔前であれば「年金で悠々自適な生活を・・・」なんてことも可能でしたが、年金受給予定額は下落していく一方ですし、ニュース報道などを見れば「もしかしたら自分の時には受け取る年金がないのでは」なんて気までしてきます。

また、子供たちとの関係が良好であれば「息子夫婦と同居して、孫に囲まれた幸せな老後」なんてビジョンも浮かんで来ますが、現実の世界を見渡せば「子供は一切に寄り付かない」なんてお宅も珍しくないようです。

そこで本日は、不動産投資という体裁を取りながらも、リタイア後の生活を楽しく安定的なものにする「新たなライフモデル」をご提案させて頂きたいと思います。

では早速、老後のマンション賃貸経営に関する知恵袋を開いてみましょう。

スポンサーリンク

 

マンション経営で新しい老後のライフスタイルを!

冒頭でも申し上げた通り、今回ご提案する老後のライフプランモデルは、不動産投資という形態が基本となって来ます。

まずは、アパートでもマンションタイプでも構いませんので、一棟もの収益物件を購入しましょう。

通常であれば、ここから上がって来る賃料収入で収益を上げていくことになりますが、今回のプランの特徴はお部屋を貸し出す先を自分の友人や知人に限定するという方法になります。

これならば、常に見知った顔に囲まれながら生活を送ることが出来ますから、孤独に毎日を過ごすという状況からも解放される訳です。

時代の流れを考えれば、冒頭でお話した様な「子供の家族と同居」という生活スタイルを実現出来る方は少ないでしょうし、資金に余裕がある方ならば、賃料を格安に設定することで、入居者の確保にはそれほど手を焼かずに済むことでしょう。

また、「そんなに友人が居ない!」、「収益物件の借り入れが大きく、格安での貸出しが出来ない」という方については、空いている部屋を一般の方に貸出せば済むことですから、これはこれで問題は生じないはずです。

なお、多少お部屋が空いていても問題ないという方ならば、一室を集会場のような形で解放すれば、更にコミニュケーションを密度を高めることが出来るはず。

更には、一階のお部屋を甘味処や喫茶店に改装すれば、入居する友人たちからの収益はもちろん、一般のお客さんからも収入を得ることが出来るという訳です。

スポンサーリンク

 

実践!老後マンション経営!

さて、このプランの概要がおおよそ見えて来たところで、更に実践的な実現方法を考えてみましょう。

まず気になるのが、収益物件を購入する資金の出所ということになるでしょうが、既にマイホームをお持ちの方なら、ご自宅の売却資金をこれに当てることが出来るはずです。

「そんなことをしたら子供たちに残す資産が無くなる!」と思われるかもしれませんが、自分が亡くなった後に残る資産が、戸建てか収益物件になるかの違いになりますし、もしローンの残債を残したままこの世を去ることになっても、子供たちが相続を放棄するだけで済むでしょう。

また、ある程度若い時期から計画的にプランを立てていれば、収益物件の半分を自宅用として利用することを条件に、住宅ローンを組める可能性もありますから、更に計画実現が現実味を帯びて来るはずです。

それでも資金が苦しいというのであれば、購入対象を鉄筋コンクリート造の物件にして、部屋毎の区分登記を行い、一緒に生活をする友人に分譲してしまうという手段もあります。

これを行うには管理規約を定めたり、組合を発足したりと少々手間が掛かりますが、過去記事「賃貸マンションを分譲して収益を上げよう!」などの内容を参考にして頂ければ、それ程困難な作業ではないはずです。

こうして物件を手に入れれば、後は運用面の問題となります。

いくら友人に貸出すとは言え、「生活を始めたらトラブルが生じた」などというケースも想定出来ますので、賃貸借契約には定期賃貸契約などを用いるのが得策かと。

なお余った部屋の運用については、通常の方法で募集を掛けるのも結構ですが、自分の趣味などを反映させて「ゴルフ好きが集まる」、「電車好きが集まる」などのコンセプト賃貸マンションとして貸し出すのも良いでしょう。

更に夢を膨らませれば、同じ建物に住まう友人たちと事業を起こす何ていうもの面白いかもしれません。

「老後は夫婦二人で・・・」「介護老人ホームで悠々自適に・・・」というのも悪くはありませんが、より楽しい生活を送りたいのであれば、今回ご提案するプランを選択肢の一つに加えるのも一興なのではないでしょうか。

自分が目を閉じるその日まで、「如何に人生を謳歌出来るか?」をしっかりと考えていくことが、老後には最も大切なことであるように思えます。

スポンサーリンク

 

老後マンションまとめ

さてここまで、「老後に備えて収益物件を購入する」というお題で知恵袋をお届けして参りました。

実は今回のお話、私のお客様が既に実行に移されているプランだったりします。

最初にこのお客様が私のお店を訪れた時には、「果たしてそんなプランが実現可能なのか?」と半信半疑だったのですが、物件購入から5年が経過した今日でも、日々楽しい生活を送っておられるようです。

私としては単なる「仲介業者」という立場であったのですが、徐々にこのお客様のプランを「面白い!」と感じ始め、区分登記をしての転売や、一階部分での店舗開店などにも、かなり深く係らせて頂きました。

なお、このお客様は大変に釣り好きな方であり、収益物件の一階店舗では、自分が釣って来た魚を使用した料理をメインにしての居酒屋を経営。

あくまで趣味の経営なので、時間に拘束されることもなく、魚が取れた日のみの開店であるにも係らず、地元の釣り好きたちから高い人気を博している様です。(ちなみに管理人も釣りが趣味)

まだご本人は60代後半と老後と呼ぶには早いご年齢ですが、「きっと幸せな老後が送れるのだろうな・・・」と羨ましく思う程です。

是非皆様も彼の様に、キラキラと輝いた老後プランを実現なさってみて下さい。

ではこれにて、「老後はマンション賃貸で、仲間と悠々自適な生活を!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。