賃貸申し込み書類

 

空室のある収益物件のオーナーさんにとって、一番の関心事は「何時お部屋に申し込みが入るのだろう」ということかと思います。

相続でアパートなどを譲り受けた大家さんならともかく、ローンを抱えている投資家さんにとって、空室は正に死活問題となりますから、それも致し方ないことでしょう。

そしてこんな時には、管理会社から届く申し込み書がまるで「天の助け」のように感じてしまうかもしれませんが、焦って審査を通過させたばかりに、後々大変なトラブルに発展することも少なくありません。

以前の記事「賃貸入居審査のコツをご紹介致します!」では、申込み人の人柄や身分を確認する手法についてご紹介しましたが、読者の方から「もっと詳しいことを教えて欲しい」との反響を多く頂いておりました。

そこで本日は、入居申し込み人と大家さんの唯一の懸け橋になる「入居申し込み書」の見方についてお話してみたいと思います。

では、賃貸申し込み書類から入居者の真実を見抜く知恵袋を開いてみましょう。

スポンサーリンク

 

申込み書類から読み取れる情報は意外に多い

賃貸物件の運用を行っているオーナーさんはもちろん、一度でも賃貸物件を借りた経験のある方なら、誰でも知っているのが賃貸の申し込み書となります。

物件を管理している管理会社によっても書式は様々なですが、大抵の場合はA4の用紙一枚程度の書式となりますから、「あれの何処にそんなに多くの情報が・・・」と思われた方も多いはず。

しかし、能々その内容に目を通して見ると意外に役に立つ情報が隠れているものです。

「入居審査のコツの記事」では、大家さんが自分で起こせるアクションをメインに書きましたが、今回は「申込書のツッコミ所を利用して、管理会社に情報を集めさせる手法」が中心となります。

では、一体申込書のどの部分に着目するべきなのでしょうか。

 

記載漏れ

管理会社から送られて来る申し込み書に、多くの記載漏れがあることってありますよね。

これは申込み人が勤め先の会社の住所や、連帯保証人となる者の住所や年齢、勤め先・年収などのデータを知らない場合に起こる現象です。

ただ管理会社としては、「とりあえず申込みがあったことを大家に知らせるため、空欄が目立つ申し込み書でもまずは届けておきたい」という心理が働くものですから、こうした不完全な申込書が届くことになります。

もちろん、不明点が埋まった段階で改めて「完全版の申し込み書」が送られて来るのですが、まず見るべきはその空欄の状況です。

勤続が1年未満であるならともかく、自分の勤めている会社の所在地などを暗記していないというのは、申込人に少々問題がありそうな気がしますよね。

また、連帯保証人が親である場合などに、生年月日や年齢、勤め先などを知らないのは、これもちょっと気になるところでしょう。

なお、もう一点注意すべきなのが、完全版の申込書が送られて来るタイミングです。

「この物件に入居したい」という意思が強ければ、即座に情報を集めて報告して来るはずですし、自分と保証人の基本的な情報であるにも係らず、調べるのにそんなに時間を要するのには違和感を感じずにはおれないでしょう。

 

添付されて来る免許証

通常、申し込み書の送付には身分を証明する免許証が添付されているものです。(保険証などの場合もありますが)

注意すべきは、この免許証の裏面の部分に記載された転居歴となります。

ゴールド免許の場合で5年、それ以外は3年で免許更新となりますから、この期間の間に何回引っ越しをしたかという情報を得ることが出来るでしょう。

何度も引っ越しを繰り返しているようなら、管理会社を通して「引っ越しの理由」などについて尋ねてみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

勤続年数

こちらも入居申込書には必ず書いてある情報です。

住宅ローンの審査などでは勤続3年以上が求められる点からみても、勤続年数と支払滞納の危険がある程度リンクしていることは確実でしょう。

3年とまでは言いませんが、せめて1年くらいの勤続年数は欲しいところですから、これに満たない者には連帯保証人と賃貸保証会社のダブル保証などを課すのがおすすめです。

因みに一般的な企業では、採用した者に対して「試用期間」を設けるのが普通でしょう。

その期間は平均で3ヶ月~6ヶ月となっていますから、この期間中の者は突然解雇される可能性がありますので、判断には細心の注意が必要になるかと思います。

 

勤務先

職業で人間性を決め付けることは、あまり感心することではないかもしれませんが、これが物件の運営に直結するのであれば話は別です。

基本、飲食関係の方は転職回数が多い傾向にありますし、私のような営業職の中には歩合給の割合が高いケースが多く、収入に浮き沈みがある可能性が高いでしょう。

また、工場勤務や物流関係のお仕事ですと夜勤が当たり前になりますので、夜間の掃除・洗濯などによる騒音問題を惹き起こすことも少なくありません。

これだけ審査落ちにする訳にはいきませんが、給与体系や職務内容を管理会社に詳しくヒアリングさせ、判断の材料にしたいものです。

 

転居理由

これも申込書にはありがちな記入欄ですが、空欄のまま提出してくる申込み人が殆どです。

以前の記事「入居者の退去理由から知る、長く住みたくなるお部屋の作り方!」でもお話しましたが、退去の理由には「やむを得ない理由」「そうでもない理由」が存在します。

「そうでもない理由」で引っ越しをする者は、これを繰り返す傾向がありますので、長く入居してもらえる確率は低いでしょう。

転居理由が空欄の場合は、これ幸いと詳しい退去理由を問いただすよう管理会社に依頼してみましょう。

 

誤字脱字・字の美しさ

ここまで行くともはやプロファイリングの世界になってしまうかもしれませんが、質の悪い入居者を見抜くには意外に大切な項目となります。

あまりに字が乱れている者や、書き間違えが甚だしい場合にはやはり注意が必要でしょう。

また字が汚いだけならいざ知らず、乱暴・投げやりに書いている者は更に心配です。

これから世話になる大家さんに対して雑な対応をする人は、近隣住民にも必ず迷惑を掛けるもの。

勤め先などが余程素晴らしくない限りは、審査落ちにしたいとこです。

スポンサーリンク

 

入居申し込み書まとめ

さて、ここまで申込書から読み取れる情報についてお話して参りました。

あくまでも予想の域を出ない判定方法も少なくありませんが、私自身、そしてお付き合いのある業者さんたちの間でも、これらの項目はかなり重点を置いているポイントとなりますから、是非ご参考にして頂ければと思います。

申し込み書は借り手と貸し手を直接繋ぐ唯一のツールとなりますから、出来る限りの注意を払いたいものです。

ではこれにて、「賃貸申し込み書類から入居者の真実を見抜く!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。