宅地建物取引士の資格と勉強

 

本ブログでは、不動産の売買や運用、管理などに係る知識に加え、不動産屋さんに向けての記事も多数掲載しております。

そして一般の方が不動産業者さん向けの記事を読むと、「ちょっと解り辛い!」という箇所も少なくないと思いますし、

投資の関連の記事などでは、「転売を継続して行うには不動産の免許が必要です」などの記述も目にすることがあるでしょう。

私が現役の不動産屋さんということで、ついつい業者目線で記事を書いてしまう点は「反省しなければ」と思っているのですが、真剣に不動産の運用や投資をお考えならば、 『不動産業の免許取得も視野に入れるべきである』のもまた事実かと思います。

もちろん「不動産業を本業にするべし」なんてことは申しませんが、免許だけは持っておいた方が投資を行う上で絶対的に有利であることは間違いありません。

本ブログでも将来的には、不動産の免許取得に向けての記事も書いていくつもりでいますが、その前段階で絶対に避けて通れないのが「宅地建物取引士」という資格の取得となります。

そこで本日は、宅地建物取引士の資格と勉強方法のコツなどについて、ご説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

宅地建物取引士ってどんな資格?

さて、不動産の免許を取得するのに必要不可欠とされる宅地建物取引士ですが、具体的にはどのような資格となるのでしょう。

この資格を有する者が行える仕事は、ズバリ「重要事項説明」ということになります。

賃貸でも売買でも、不動産の仲介を行う際に必ず「借り手」や「買い手」に対して行わなければならないのが、物件に対する重要な事柄を説明する「重要事項説明」であり、取引士はその説明書に署名・捺印を行い、これを説明するための資格という訳です。

こんなお話をすると「本格的に不動産業を始める訳ではないから、そんな説明出来なくて良いのだけど・・・」というお声も聞えて来そうですが、

国土交通省が許可する宅建業の免許取得には、会社に一人以上の専任の取引士が必要と定められていますので、この資格無しには何も始めることが出来ません。

なお以前は、「資格を持っている方の名前だけを借りて・・・」という業者さんも多かったのですが、この方法は原則法令違反となりますし、

取引士の資格を取得することで不動産に対する知識も豊富となり、投資・運用の幅も広がると思いますので、ここは是非試験にパスしておきたいところでしょう。

そして、取引士と宅建業の免許が揃えば、レインズは見放題(近年は使い過ぎるとい有料ですが)ですし、物件を何度転売しても法令違反となることも無くなる訳です。

また、不動産投資を行っている方であれば、自分でレインズに空室の情報を載せることも出来る上に、広告宣伝費などを掛けずに入居者の募集が可能となりますから、これは非常に魅力的ですよね。

因みに「資格を取っても、免許申請の仕方や開業の手順が判らない・・・」と言う方もご安心下さい。

本ブログでは、今後開業に必要な情報もドンドンご紹介して行きますので、そちらを是非お役立て頂ければと思います。

さて、こうした理想を叶えるためにも、まず行うべきは宅地建物取引士の資格取得ということになるのです。

スポンサーリンク

 

勉強方法のポイント

では、宅地建物取引士とは一体どのような問題が出題され、どれくらいの勉強が必要な資格なのでしょいうか。

正直、近年はかなりレベルが上がって来ており、狭き門となりつつあるのが現状ですが、半年~1年程度しっかりと勉強をすれば決して手の届かない資格ではありません。

なお問題は、全て4択で50問が出題され、年度にもよりますが30点~35点くらいが合格ラインとなります。

そして試験は年に一度のみ実施され、例年10月に試験が行われているのです。

資格としても非常にメジャーなものである上、不動産会社に勤務している場合には、資格を保有しているだけで手当てが付く場合も多いため、その人気はなかなかのもの。

これに付随して、各資格試験専門のスクールには必ずといって良い程、宅地建物取引士取得用のコースが用意されていますし、通信口座なども大充実しています。

問題の出題傾向としては、民法問題が15問(全体の30%)、宅建業法問題が20問(全体の40%)、法令上の制限が8問(全体の16%)、その他が7問(全体の14%)程度という配分が恒例です。

このように書くと、何だか非常に難しそうなイメージとなってしまいますが、この資格の勉強法には少々コツがあります。

まず点数配分の30%を占める民法ですが、多くの受験者がこの科目の勉強に時間を掛け過ぎ、他の分野に手が回らずに「落ちる」というパターンが王道です。

確かに民法は非常にウェイトの高い出題カテゴリーですが、あまりに範囲と奥が深過ぎるため、決して深追いしてはならない科目となります。

これに対して宅建業法問題(40%)、法令上の制限(16%)は、丸暗記すれば全問正解も夢ではない、点を取りやすい科目です。

そして残りのその他(14%)は、勉強してもまず正解出来ないカテゴリーと言えるでしょう。

先程も解説した通り合格には、30点から35点(60~70%)の正解が必要ですが、「宅建業法40%」+「法令上の制限16%」=合計56%で、ほぼ合格点を確保することが出来るのです。

後は民法を深追いせず、基礎だけをガッチリ固めれば30%の半分である15%くらいは正解出来るでしょうから、56%+民法半分15%=71%となり、余裕で合格ラインに達することになります。

折に触れて「取引士の試験は難しい」と言われますが、多くの受験者がこうした勉強のコツを知らない上、殆ど休みのない営業マンが勉強不足の状態で試験に臨むのが、難関と言われる最大の原因なのです。

よって「自分には無理だ・・・」と思われている方も、挑戦する価値は充分にありますから、この機会にチャレンジしてみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

 

取引しまとめ

本日は宅地建物取引士の資格試験に関するお話をさせて頂きました。

私もこの資格を持っていますが、実は取得までに2回程落とされています。

不動産屋さんの仕事をしながらですと、なかなか勉強時間が取れないというのもありましたが、「実務」と「勉強する内容」が微妙に異なっている点にもかなり頭を悩ませられた記憶があります。

また実際のデータを見てみても、不動産業に従事している方より、それ以外の主婦や学生さんの合格率が高いのが実情ですから、「不動産業のことを殆ど知らない」というのは、むしろ有利な点と言えるかもしれません。

不動産投資に必要な知識が身に付くばかりか、「繰り返しの転売」や「広告費の発生しない入居者募集」が可能と成り得る、宅建免許取得の第一歩「宅地建物取引士」にご興味をお持ち頂ければ幸いです。

ではこれにて、宅地建物取引士の資格と勉強方法についての知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います!