下水の臭い対策

 

私たちは日々、多くの住宅設備に囲まれながら生活を送っています。

キッチンにバスルーム、トイレなど、その種類は様々ですが、そのどれか一つにでもトラブルが発生すると、なかなか快適な暮らしを送ることは出来なくなってしまうものですよね。

また一言でトラブルといっても電気関係から漏水まで、原因も色々ですが、その中でも最も発生頻度が高いと言われる問題が「下水に関するもの」とされています。

特に排水口から下水の臭気が上がって来るといった問題は、多くのお宅で発生しているはずですから、今この瞬間も悪臭に頭を悩ませておられる方もおられることでしょう。

そこで本日は「下水の臭い対策について解説致します!」と題して、この問題の解決法についてお話させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

下水の排水口は様々なトラブルの元

さて具体的な排水口の臭い対策についてお話する前に、下水のトラブル自体の危険性について少々解説させて頂きたいと思います。

建築関係の仕事をしている方や、不動産業者が下水関係の不具合に神経を尖らせているのは、この種のトラブルが後々大きな問題に発展するケースが多いためです。

仮に電気関係のトラブルなら、配線工事やパーツの交換で改善するケースが殆どとなりますし、水道についても、漏水などの被害は甚大ではあるものの、比較的に早い段階で気付くことが出来る上、修繕も意外に簡単なものが少なくありません。

これに対して下水のトラブルは、配管に亀裂が入っている場合でも一気に漏れ出すことは少ないですし、家主が気付かぬところでジワジワと症状が進行しているパターンも多いのです。

また、漏れ出す「もの」が「もの」だけに、臭いの被害に止まらず、害虫害獣を呼び寄せることも少なくありませんし、

管理人が経験したトラブルの中には、漏れ出した汚水がアスファルトの下の土を押し流し、地盤沈下を引き起こした例まであります。(詳細は「地盤沈下は下水が原因?という体験記をお届け!」の記事参照)

この様に下水に関連して発生するトラブルは、思いも寄らない被害をもたらすこともありますから、例え「少し臭いが上がって来る」といった程度の問題でも、しかりと対処しておく必要があるのです。

 

下水の臭い対策をご紹介

下水に関するトラブルの恐ろしさをご理解頂けたところで、具体的な排水口の臭いの対処方法をご紹介して参りましょう。

 

配管の洗浄

「排水口が臭い!」と感じた時に、まず皆さんの頭に浮かぶのが「配管の洗浄」という対処法なのではないでしょうか。

確かにドラッグストアーなどに行くと、「パ●プユニッ●ュ」等の様々な配管洗浄用品が並べられていますから、最も簡単に着手出来る解決法でもあります。

基本的にこれらの洗浄用品は、排水口に流し込んでから数時間待ち、水で流すことにより配管に詰まった髪の毛やヌメリを除去する方式です。

管理人もこれまでに何度かこのタイプの洗浄剤を使用したことがありますが、確かにその洗浄力は凄まじく、単純な詰まりや汚れの溜りであれば、簡単に臭いを除去出来ます。

しかし時には、薬剤を流し込むだけの洗浄では問題が解決出来ない場合があるのも事実です。

そしてこんな時に用いるのが、水圧を利用しての「高圧洗浄」や「ワイヤー型の掃除ツール」となります。

どちらも専門業者さん用の道具といったイメージがありますが、ワイヤータイプのものはホームセンターなどでも売られている(取り寄せも可能)ことがありますし、

高圧洗浄についても某ドイツ製洗浄機の先端に細めのゴムチューブを取付けるなどの方法で代用品の自作が可能です。

頑固な詰まりが臭いの原因の場合には、是非お試し頂ければと思います。

 

トラップの改善

前項にて配管掃除の方法をご紹介致しましたが、私の経験上、洗浄のみで悪臭が収まるケースは意外に少ないのが実情です。

そして、臭気の原因として最も可能性が高いのが排水トラップの不具合となります。

排水トラップとは、配管の途中に「水が溜まる箇所(トラップ)」を設けることにより、下水本管の臭いが部屋に逆流するのを防ぐ設備のことであり、

洗面化粧台のボウルの下にある下水配管が「S字状」に曲げられているもの等が、その代表例と呼べるでしょう。

配管をS字に曲げることにより、流された水の一部は配管内に止まることとなり、管内に「水の蓋」を作って臭いの侵入を防いでいるという訳です。

また、トイレの便器に水が溜まっているのも一種のトラップとなっており、長い期間トイレを流さないでいると便器の水が干上がり、露出した底の穴から臭気が上がって来てしまうことになります。

但し、近年のユニットバスなどでは、先にご紹介した様な「判りやすいトラップ」ではなく、まるでプラスティック製のコップを二つ重ねた様な形状をしたトラップが主流です。

このタイプのトラップは、受け皿となるコップに水を溜め、その上から底の抜けたコップ状のパーツを重ねることで、コップとコップの間に水の層を作り出し、下水管の臭いを逆流させない仕組みとなっています。

さて、この様に技術的にも進歩を続けているトラップですが、長年汚水を流されている内に、トラップ自体に様々な不具合が発生して来ることも少なくありません。

コップ型ならばパーツにヒビが入り、水を溜めること自体が出来なくなってしまうケースもありますから、臭いの原因がトラップの故障である場合には、専門業者にパーツ交換などを依頼するのが最善の手立てとなるでしょう。

スポンサーリンク

 

その他の原因

ここまで、配管の詰まりやトラップの不具合によって上がってくる下水の臭い対策についてお話して参りました。

しかしながら、お話して来た方法を試したにも係らず、収まらないという方もおられるでしょうから、本項では他に考えられる臭いの原因について解説をして参ります。

まず有りがちな原因が、コップ型トラップの水が何等かの原因で干上がってしまうパターンです。

「水が干上がるのは、トラップの故障なのでは?」と思われるかもしれませんが、意外に多いのがトラップに排水を流す配管に髪の毛や糸くずが詰まり、これらの異物がスポンジの様に水を吸い上げてしまう現象です。(毛細管現象)

この症状はトラップの故障というよりは、配管の詰まりに近い現象になりますから、高圧洗浄や洗浄剤で徹底的に配管洗浄を行うのが有効な対策となるでしょう。

またトラップの水が干上がるもう一つの原因となるのが、トラップに至るまでの配管経路に逆勾配(配管が排水口に向かう経路に上り坂がある)が存在している場合です。

こうした配管の組み方をしていると、配管内に真空状態が発生することがあり、トラップに溜まった水が配管に逆流してしまいます。(自己サイホン現象)

この現象が発生している場合には、原則配管の経路を変更する工事などを行う必要があるでしょう。(床を剥いでの大工事となる可能性もあります)

 

マンションの場合は排気口の問題も

そして最後にご紹介するのが、マンションタイプの物件で多く見られる本管の吸い込み現象となります。

マンションともなれば、建物の高さもそれなりのものとなりますから、最上階の人間が下水に水を流した際には、水と共に配管内の空気が一気に落下することになりますよね。

そして、この空気の流れによって下水の本管内に真空状態が生じ、各部屋のトラップの水が本管内に吸い上げられてしまうのが、この現象の原因です。

実は多くのマンションでは、この現象を防ぐために建物の最上階や屋上に、下水管内減圧用の排気口を設けているのですが、築年数の古い建物には時折この排気口がない建物も存在しています。

また、例え排気口が付いていても、何らかの原因で排気穴が塞がれてしまった場合には、同様の現象が起きてしまうです。

因みに管理人が経験したものでは、排気口に風で飛んで来たビニール袋が詰まってしまい、本管の吸い込み現象が引き起こされたというケースがありました。

こちらの現象も「トラップの水が干上がる」というのが直接の原因ですが、毛細管現象や自己サイホン現象に比べ、数倍早く水が無くなるのが特徴です。

なお排気口の異常ではなく、最初から排気口が存在しない場合には、専門業者に依頼して新たな排気口を設けることで症状は改善します。

スポンサーリンク

 

下水臭い対策まとめ

さてここまで、お部屋に下水の臭いが上がって来てしまう際の対策について解説して参りました。

単に「水を流すだけの設備」である排水口ですが、実に様々な原因で悪臭が発生し得ることをご理解頂けたことと思います。

なお、最も多い下水の悪臭トラブルの原因は、旅行や長期不在で水を使わなかったことにより、トラップの水が自然蒸発してしまう症状です。

こうしたケースでは、定期的に水を流してもらうのが最も有効な対策となりますが、長期の出張などでこれが不可能な場合には、トラップに水を一杯に張った上、ラップなどで排水口を塞いで蒸発を防ぐのが良いでしょう。

悪臭は生活環境を劇的に悪化させる要因ともなりますから、なるべく早期に問題を解決したいものですよね。

ではこれにて、「下水の臭い対策について解説致します!」の知恵袋を閉じさせて頂きたいと思います。