耐震補強工事の種類

 

「何時その時が来てもおかしくない」と言われ続けているのが、数百年に一度と言われる大地震です。

行政の発表を見れば、「十数年以内に80%異常など確率」など恐ろしい予想が示されている地域もありますから、これは非常に気になる問題でしょう。

また、熊本地震のように「特に警戒が必要」とされていなかった地域でも、大規模な震災に見舞われることがあるのですから、住まう地域に係らず備えを万全にしておくべきだと思います。

過去記事「防災対策マニュアルをご紹介!物件と命を守るアイデア集!」においては、一般の方でも手軽に行える防災対策についてお話致しましたが、本日は工事を伴う建物の耐震補強について解説致します。

では早速、耐震補強工事の種類について解説する知恵袋を開いてみましょう。

スポンサーリンク

 

耐震工事の種類を解説

一口に耐震補強工事と言っても、その種類は様々なものがあります。

建築会社のホームページなどを見れば、様々な工法が紹介されていますが、一体どれを選択すれば良いものやら迷ってしまいますよね。

当然、建築会社に相談すれば「この工法がおすすめですよ!」なんてアドバイスも貰えるでしょうが、果たしてその工事が「施主のためにおすすめなのか?建築会社の利益のためにおすすめなのか?」という点も気になるところです。

そこで今回は、管理人がこれまで携わって来た耐震補強工事の中で、「これは!」と感じたものを中心にご紹介させて頂きたいと思います。

なお、補強工事には「鉄骨造用」、「鉄筋コンクリート造用」など建物の構造に合わせた工法が存在しますが、今回は木造戸建てに適した工事に焦点を当ててのお届けすることに致しましょう。

 

基礎への補強工事

その名の通り、建物の根幹とも言えるのが「基礎」となりますが、この部位にも補強工事が可能です。

コストを度外視すれば、建物をジャッキアップして基礎自体をまるまる免震構造のものに交換してしまうという荒業もありますが、これを実行するにはコスト面でなかなか度胸が必要となるでしょう。

そこでおすすめなのが、「現在ある基礎の側面に鉄筋の骨組みを作り、基礎を強化するという方法」です。

これならば、コストも工期もかなり抑えることが出来ますし、隣家との隙間が狭いというお宅でも充分工事が可能となります。

 

柱や梁に対する補強

こちらも基礎と同じく、建物の根幹をなす部分への補強工事となります。

代表的な工事方法としては、既に存在する柱や梁の接合部分に、金属製の金物を取付けたり、地震による振動を緩和するダンパー(サスペンション)を設置する工法ですが、当然柱が露出している訳ではありませんので、外壁や室内の壁を壊しての施工となるでしょう。

室内の大規模なリフォームのついでに行うならともかく、物件に住みながらこれらの工事を行うのはかなり「しんどい」はず。

そこでおすすめなのが建物の壁を壊さずに、外壁を「X状鉄筋」で補強していく工事です。

建物が鉄筋で囲まれた状態となりますので、見栄えが悪いのが弱点ですが、道路に面していない箇所のみに施工してもかなりの耐震効果が期待出来ると言われています。

スポンサーリンク

 

壁の補強

こちらは主に室内に行う補強工事となりますが、柱などの骨組みではなく、壁という「面」を補強して地震対策を行おうという工法です。

利点としては、建物の構造上「弱い」と思われる箇所にピンポイントで補強工事を行える点ですが、壁に「耐力パネル」を埋め込む工法などでは、やはりかなりの大規模工事となってしまうでしょう。

これに対し既存の壁や天井を壊さず、壁の上から補強壁を設置する方法でしたら、コスト面、工事中の生活面でも施主の負担は少ないでしょうが、

私のおすすめは、寝室やリビングなど滞在する期間が長い部屋をそのまま耐震シェルター化してしまうという工法です。

施工のイメージとしては「部屋の内側にもう一つ部屋を作る」感じになりますが、意外に工期も早い上、工事期間中は他の部屋を生活の拠点にすれば済むだけですから、より手軽に工事が行えるはず。

一階に施工すれば、屋根ごと二階が崩れて来てもシェルター内は全く無傷の状態となりますから、安全性という面でもおすすめなのではないでしょうか。

 

屋根の軽量化工事

そして最後に残るのが屋根の工事となります。

地震に屋根はあまり関係が無いようにも思えますが、東日本大震災の例を見ても、屋根瓦の重さに建物が耐え兼ねて倒壊した住宅は非常に多かったとのこと。

そこでおすすめなのが、屋根の軽量化工事となります。

一度でも屋根瓦を触ったことのある方ならお判りのことと思いますが、昔ながらの日本瓦は非常に重たいもの。

これをスレート葺の屋根などに葺き替えることにより、重量を1/2、場合によっては1/3にまで軽量化することが可能となります。

この軽量化工事を行えば、これまでご説明した来た基礎や柱、壁の補強工事を更にパワーアップさせられることとなりますから、これはかなり有効な対策となるはずです。

スポンサーリンク

 

耐震工事まとめ

さてここまで、耐震補強工事の種類と、不動産屋さん的におすすめの施工方法をご説明して参りました。

私もあくまで不動産屋さんであり、建築のプロではありませんが、これらの工事の中で最初に着手するべきは「屋根の軽量化工事」であるように思います。

次いで「柱や梁に対する補強」、「壁の補強」、最後に「基礎の補強」というのがよろしいかと。

もちろん、最終的にはプロの建築屋さんのアドバイスを受けるべきですが、コストや手軽さ、そして工事の結果得られる効果を考えると、優先順位は表記の様になるはずです。

最悪の事態から家族の命を守るためにも、取り掛かれる工事にはなるべく早く着手して頂きたいと思います。

ではこれにて、耐震補強工事の種類について解説する知恵袋を閉じさせて頂きます。